その掃除がノロウイルスを拡げている! 間違ったトイレ掃除に要注意

平昌五輪会場での流行も話題になった「ノロウイルス」。日本でもまだまだ油断はできません。「もし周囲の人が感染したらハイターで消毒する」という知識が一般的ですが、実は「間違った拭き方」でかえってウイルスを拡散しているケースも多いそう。また、日頃のお掃除から予防することもできると言います。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、そのコツを教えてもらいました。

掃除での予防がもっとも手ごわいノロウイルス

2014(平成26)年1月、静岡県浜松市の小学校で、小学生ら1000人以上が嘔吐や下痢などを訴えるという集団食中毒が発生しました。感染源は、給食で提供されたパン。パンを製造した施設の女子トイレから同種のノロウイルスが検出されたことから、そのウイルスに感染したスタッフが検品する際に、パンにウイルスがうつったと考えられます。また、トイレ掃除の不備や消毒不足も大きな問題だったのです。

ノロウイルスは、主に冬場に流行しますが、年間を通して感染の危険があります。感染者の便や嘔吐物から広がるため、感染対策でもっとも重要な場所は、間違いなくトイレです。家庭でも、流行の時期が始まったら、また、もし家庭内で感染者が出てしまったときには、家族の中で感染が広がらないためにも、細心の注意をもってトイレ掃除に取り組む必要があります。

では具体的に、トイレの中からノロウイルスはどのように広がっていくのでしょうか?

ノロウイルスに感染した人がトイレで嘔吐をした場合は、まず第一に、便器の周囲に嘔吐物が跳ね飛びます。トイレの中は狭いため、壁に飛び散る可能性も忘れてはいけません。こうして便器の周囲に飛び散ったウイルスが乾燥し、ほかの人が用を足したり掃除をする際に、手や掃除用具を介してトイレの外に感染が広がっていきます。

トイレの水を流すときにも、実は注意が必要です。便器のフタを開けたまま水を流すと、目には見えなくても便器の外に水滴が跳ねています。

実際に、トイレの水を流したときに、どれくらいの水跳ねが発生するかを調べる実験をしてみました。

まず、便器の上にコピー用紙を乗せてトイレの水を流します。そして、そのコピー用紙の裏に、水の跳ねた跡がどれくらいあるかを確認するのです。結果、40〜50個ほどの水滴が飛び跳ねていることがわかりました(写真)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DaiDz1222 #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "次亜塩素酸ナトリウムは、 予防のための消毒拭きでは0・02%に希釈するのが基本 です。家庭では、 「ハイター」や「ブリーチ」..." https://t.co/38Hg2NSxiu https://t.co/lPvNDjUTvG #drip_app 2年以上前 replyretweetfavorite