母も、娘を愛せなくて苦しい。母娘の憎悪を描いた『イグアナの娘』

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。41作目は、萩尾望都の『イグアナの娘』。自分が捨てたかった、いらないからって見ないようにしていたもの—コンプレックスたち—そういうものを持って現れる他者がつねに家庭にいたとしたら、あなたはどうしますか?【Kindle版発売中】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

消せないコンプレックスを持つ女へ

『イグアナの娘』萩尾望都
(小学館)初出1994

母娘の愛情 VS 母娘の憎悪

イグアナの顔をした母娘の間に生まれる「憎悪」から、自分との向き合い方を50ページで見事に描き切った短編漫画。#短編少女漫画 #文庫で出てます #少女漫画界の神様の作品!!! #菅野美穂主演でドラマ化 #短いのでさくっと読めます #ちょっと童話風味 #子ども目線でも親目線でも「親子って難しい」って一度でも思ったことある人はぜひ #ちょっと「深いな……」って思う作品を読みたいときにおすすめ


 鏡がなければ、自分の顔を自分で見ることができない。
 これ、ちょっと不思議に思いません? だって自分はいつも自分と一緒にいるでしょう。思考するときも自分と一緒にいるし、自分の手とか足とずーっと一緒にいて、それらを操作して生きているわけじゃないですか。
 だけど、自分の顔は自分で見ることができない。自分の表情や顔がどんなふうになっているのかってすごく大事な気がするのに。
 鏡やら自撮りやらで見ることはできますが、そこにうつるのは、基本的に「見られている」ことを意識しているときの顔でしかない。

 だからこそ私たちは、他人に「あんたはこんな顔をしているよ」って言われたら、ああそうなのか、ってその言葉を信じてしまうんですよね。
 誰もが他人から「こうだよ」って言われた言葉を手がかりに生きている。あるいは、自分で「自分はこんな顔をしてるんだ」って思い込んだら、そう思い込んだまま生きていくのかもしれません。
 だって本当の顔なんて見えないから。自分は美しい(あるいは醜い)って一度思い込んだら、そうじゃない事実なんて忘れていい。
『イグアナの娘』という短編漫画は、この「あんたはこんな顔をしているよ」って言葉を最初にかけられる相手が「母」である……というところから物語が始まります。

母から生まれた人、いつか母になる人に読んでほしい一冊

 あらすじを簡単に言うと、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

Kindle版発売! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

人生を狂わす名著50

三宅香帆
ライツ社
2018-02-02

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kino1190 #SmartNews 結局は自分とどう付き合うか?なのかなー。 https://t.co/3rXOoVwvet 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

nyan_nyan_tyau 『イグアナの娘』は本当におすすめ。 1年以上前 replyretweetfavorite

m3_myk ▶︎cakes連載更新です! 萩尾望都さんの『イグアナの娘』をご紹介してます。 本屋でもイグアナの娘は人気あったなぁ。母娘って現代の物語でもひとつの人気テーマだと思う。萩尾望都先生が追っかけてるテーマはその先駆?かな? https://t.co/WCWRl5VBEE 1年以上前 replyretweetfavorite