台所掃除は「1日4分」でOK! 面倒な大掃除から卒業しよう

去年の台所の大掃除は、どこまでできましたか?「予定の半分くらい」「残りはまた来年」という人も多いのではないでしょうか。ところが人気料理家の高木ゑみさんは「大掃除は今まで一度もやったことがない」と言います。毎日「たった4分」のちょっとした習慣で、つねにキレイが保たれているからだそうです。著書『やる気の続く台所習慣40』から、もう年末の大掃除をしなくて済む!「とっておきの秘訣」を教えていただきました。

日々の「4分間掃除」があれば、大掃除はしなくていい

油汚れだけでなく、換気扇に引き出しの底、冷蔵庫の中……。

台所の隅々に汚れが溜まっているのはわかっているけれど、「いつか、時間のあるときにやろう」とついつい先送りにしてしまう気持ち、とってもよくわかります。

ただ、「いつか」とは言いますが、それ、いつやるの?

答えは……「いまでしょ‼」。

いえ、いますぐに掃除しなさい、ということではないのです。いますぐに、手帳やカレンダーに「やる日」を書き込むのです。

例えば、換気扇のレンジフード 。私は普段、揚げ物をしたあとに表面をペーパータオルと重曹水でサッと拭きますが、中は2週間に一度、日曜日のレッスン後に掃除すると決めています。

「そろそろ汚れてきたから、掃除しなきゃなぁ……」と考えるのではなく、最初からこのように決めてしまうと「今日は換気扇掃除の日」 と意識できるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やる気の続く台所習慣40

高木 ゑみ

献立作り、買い物、調理、後片付け、掃除……。「面倒くさい」「楽しくない」と感じながらも、それでも毎日やってくる【台所しごと】。そんな台所で「毎日のやる気が続く簡単なコツ」を超人気料理家が伝授します。手際やセンスは不要! 誰でも、今日か...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません