スープの旨味とプリッとした自家製鶏団子の「柚子胡椒鶏団子鍋」

前回に引き続き、このさむ~い季節にピッタリの鍋料理をご紹介します! ポン酢や醬油がなくてもしっかりした味の付いたスープと、隠し味に柚子胡椒の聞いた鶏団子がプリッとおいしい「柚子胡椒鶏団子鍋」。簡単でとってもうまみたっぷりの鍋料理、ぜひおためしください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

まだまだ寒い2月。今日は鍋にしよっかな、と考えるとき、ときどき思い出すのはかつて仕事をした、某女性誌の30代男子編集者A君。冬の号で一緒に鍋特集を担当することになり打ち合わせを始めると、「僕、鍋って好きじゃないんですよね」と、極めてテンション低めな様子。よくよく話を聞くと、どうやらA君の実家では、鍋と言えば問答無用でポン酢が登場していたそう。豚肉も鶏肉も白身魚も、白菜も大根もねぎも豆腐も、締めのうどんや雑炊まで、何もかも全部ポン酢。だから、彼にとって鍋=ポン酢味。ポン酢味の鍋しか知らないから、鍋が嫌いというわけ。

確かに、昔は水炊き+ポン酢の方程式ってあったよね、それってもしや、A君の家だけじゃないんじゃないのではとリサーチしてみたら、出てくる出てくる、ポン酢の悲しめ思い出エピソード。具を入れているとだんだんポン酢が薄まってくるあの味がいやだったとか、味に飽きて、子供ながらに勝手にしょうゆ味にして抵抗してたとか。そんな話を聞いた結果、その鍋特集は、味噌や豆乳、カレー風味やトマトスープ仕立てなど、ポン酢を一切必要としない鍋で構成し、ポン酢の呪いにかかっていたA君も、晴れてポン酢に依存しない鍋とたくさん出会うことができたのでした。ポン酢は決して悪くないんだけど、やっぱりそれだけじゃ飽きるってことですよね。

わが家の鍋はというと、前回の納豆鍋のように、主役は具よりむしろスープ。スープをごくごく飲みながら具を食べる感じです。だからポン酢の出番はありません。とくに鶏のだしが好きなので、ぶつ切りの骨付き鶏や手羽先と昆布で、うま味たっぷりのだしを作ります。もちろん煮た鶏はおいしい具でもあります。時間がなければ、鶏がらスープの素を使ったっていい。

そして、鶏鍋に欠かせないのが自家製鶏団子。鶏もものひき肉と刻んだねぎ、しいたけをたっぷり混ぜた、プリッとした食感の団子です。隠し味には柚子胡椒と黒こしょうを入れ、それだけでスパイシーな団子にします。そう、たれじゃなくて、具やスープにばっちり味をつけておくんです。鶏団子は一度にたくさん作って冷凍しておけば、家に帰ってすぐに鍋が食べられる。疲れて帰った時なんて、自分で作っておいた冷凍鶏団子にマジ感謝です。この冬も何度作ったことか。一緒に煮る具はシンプルに、たとえばレタスと絹ごし豆腐ぐらいの潔さがいい。あれもこれもと具をごちゃごちゃ入れると、結局寄せ鍋っぽくなるのでやめましょう。

締めはうどんや雑炊はもちろん、ラーメンもいけます。鶏団子に加えるしいたけを干ししいたけにすると、味に深みが出ます。さらに、きくらげを細かく刻んで入れると、団子の食感が面白くなりますよ。時間があるときはぜひ試してみてください。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「柚子胡椒鶏団子鍋」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saoribada cakes(ケイクス)連載、更新しました。... https://t.co/uLz93LuuWq 1年以上前 replyretweetfavorite