心のベストテン

星野源 ドドドドドドドドドラえもんの衝撃

今回は大谷さんの心の2018年レコード大賞、星野源の「ドラえもん」にみる彼のアーティスト性と引き出しの多さに迫ります。イエロー・ミュージックとはなんのことでしょうか。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

タイトルがフルスイング、1行目の歌詞からすごい

大谷ノブ彦(以下、大谷) 星野源の「ドラえもん」聴きました!? 超絶名曲じゃないですか!

柴那典(以下、柴) いやあ、これは本当にすごい曲ですよ。

大谷 まだ今年始まったばかりなんですけど、すでに僕の2018年のレコード大賞!

 最高ですよね。星野源自身、「恋」というあれだけの大名曲が去年の年間チャート1位になるくらいロングヒットした状況があって、とんでもないプレッシャーだったと思うんです。

大谷 ねえ。「Family Song」はありましたけど。

 でも、それを軽々と超えてきた。なので、今回はこの曲のどこがどうすごいのかを語っていこうと思うんですけど。

大谷 まずこれ、『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌なわけじゃないですか。こういう企画性をもとに作られたもの、いわゆるノベルティソングがミュージシャンの本質を浮かび上がらせるだなって改めて痛感したんですよね。

柴 そうですね。それはもう「ドラえもん」だけじゃなく「恋」もそうだし、日本のポップミュージックのいろんな名曲もそうやって作られている。

大谷 で、これはインタビューで星野源自身が言ってたんですけど、「恋」も「ドラえもん」もタイトルありきなんですって。まず「ドラえもん」というタイトルを決めてからあの曲を作った。

 これ、意外にすごいことですよ。だってドラえもんの主題歌をオファーされたときに「ドラえもん」ってタイトル、普通は思いつかないですもん。相当フルスイングじゃないですか。

大谷 歌詞もすごいですよね。

 Aメロの歌い出し、そこに一番キーワードになる歌詞を入れてるんですよね。

大谷 そう! 「少しだけ不思議な 普段のお話」って藤子・F・不二雄先生が言う「SF=すこし・ふしぎ」のことじゃないですか。そこだけで僕なんか泣けてきちゃって。10代の頃から『少年SF短編集』を大事に大事に読んで、コントを作るときに参考にしてた僕からするとたまんない! ほんと大好き!

 歌詞の中に登場人物も出てくるし、ちゃんと物語を踏まえてる。

大谷 しかも「何者でもなくても 世界を救おう」とか、ドラえもんの映画の世界観をちゃんとなぞってるからファンも納得するし。

 今回の『映画ドラえもん のび太の宝島』って川村元気さんが脚本なんですよね。

大谷 川村元気さんって、映画の音楽にすごくこだわりがあるじゃないですか。『君の名は。』ではRADWIMPSの「前前前世」を大ヒットさせたし。

 米津玄師×DAOKOの「打上花火」も彼ですね。『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌だった。

大谷 きっとアーティストに対しても絶対に妥協しない姿勢で臨んでるんですよね。「好きにやっていいんでお願いします」というやり方じゃない。

 そうなんですよ。RADWIMPSとも米津玄師とも、かなりバチバチとやりあった先にクリエイションが生まれている。

大谷 だから今回も、かなり注文があったんじゃないかな。

 そうかもしれないですね。やっぱり星野源にしても米津玄師にしても、基本的に彼らにNOを出してやりあえるような気概と能力のあるプロデューサーってなかなかいないわけですよ。だけど川村元気だったらそれができる。で、注文があったとしても、星野源はそれを受け止めて、100を120とか150にして返すことができる。

大谷 いやあすごいことですよ。

モータウンコアから笑点ガンボへ

 「ドラえもん」の何がすごいかを音楽的に解説すると、まずAメロの譜割りがすごいんです。譜割りっていうのはメロディーの音符の組み合わせのことなんですけど、「ドラえもん」のAメロって、J-POPの分野ではなかなかやられてない譜割りなんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Wff6PyDorXf4Win @spoon_switch https://t.co/bnOge58ciK 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

tai_hirame25 無事、購入!本当、大名曲! 今日ずっと聴いてます。 すごいなぁー星野源!天才! こちらの記事を読むと 更に魅力がわかります!是非!⬇︎ https://t.co/rrCVrZG0oK #DJダイノジ # 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

hddz いつもながら薄い…。変則的な譜割・ニューオリンズ風味などなど、読むほどに 約2ヶ月前 replyretweetfavorite