家の中でインフルエンザに感染しやすい部屋は〇〇

この冬、異常な猛威を振るっているインフルエンザ。職場や家族から感染した…という人も少なくないのではないでしょうか。このインフルエンザウイルス、家の中で人から人へ感染するリスクがもっとも高い場所は、なんと「寝室」。その理由とは…? 病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、インフルエンザに感染するリスクの高い、寝室の正しい掃除方法を教わります。

インフルエンザに感染しないために

2017(平成29)年は、9月11日からの1週間で、インフルエンザによる学級閉鎖が30施設に達し、福井県ではすでに流行期に突入したとの発表がありました(9月22日、厚生労働省発表)。同省は「今年は全国的にインフルエンザの流行が早まる恐れがある」と指摘しています。9月といえば、まだまだ日中は暑さを感じる季節です。

そんな時期にもうインフルエンザとは驚きましたが、驚いているばかりでは何も始まりません。しっかりと対策を講ずることが必要です。

前回もお話ししたとおり、インフルエンザによる感染の基本は飛沫感染です。患者の咳やくしゃみなどから発せられたウイルスを含む唾が、口や鼻から吸いこまれることで体内に入り、ウイルスが増殖すると発症します。

では、接触感染や空気感染では絶対にかからないかと言うと、実はそうとも言い切れません。

くしゃみをして飛び出た唾の水分が乾き、その唾に含まれていたインフルエンザウイルスが空気中に浮遊する可能性もあれば、インフルエンザウイルスに感染している人が口に手を当てて咳込んだり、くしゃみをしたあとに、その手でドアノブや手すりを触ることで、ほかの人へ接触感染する可能性ももちろんあるからです。

では、家の中でインフルエンザの感染を防ぐには、どのような掃除法が有効なのでしょうか。次から詳しく見ていきましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "まず、 #drip_app 6ヶ月前 replyretweetfavorite