観光客は絵葉書と同じ写真を撮りたがる

札幌の観光名所、時計台に行かれたことはあるでしょうか。写真は撮りましたか? インスタグラムのブームを持ち出すまでもなく、観光地に行くと、何かしら写真を撮ることが多いものです。そんな時、私たちは何を考え、どのように撮っているでしょうか? 今回は、私たちが札幌の時計台をはじめ、観光地に対して持っている「まなざし」とビジネスについて考えていきます。


旅行をしていて目新しいものを見ると、つい写真を撮りたくなります。最近は、日本を訪れる外国人観光客をたくさん見かけます。彼らがどんなものを撮っているのか観察してみると、とても面白いです。以前、ぼくが見たのは、自動販売機が10個以上ずらっと並んでいるのを熱心に撮っている観光客たちです。その人たちにとっては、そんな光景が目新しいものだったのでしょう。観光とは、未知なるものの発見なのです。

しかし逆の考え方もあります。観光とは、既に知っていることを確認することである、という考え方です。これを「観光客のまなざし」(tourist gaze)と言います。今日は、これについて考えてみましょう。

もう30年も前のことですが、ぼくは札幌の高校に通っていました。札幌にはご存じのように、明治期の白い木造建築として名高い時計台(旧札幌農学校演舞場)があります。北海道観光の目玉のひとつですね。高校生の時に、時計台を通りかかると、本州からきたとおぼしき観光客が時計台の写真を撮っているのをよく見かけました。しかし、彼らとしては困ったことに、時計台は高層ビルに囲まれているのです。テレビ番組とかガイドブックで見た時計台の光景とはずいぶん違って、ビルの陰の暗い中に時計台がぽつんとあるのです。観光客たちは、ビルが映り込まないようにアングルなど一生懸命工夫して写真を撮っていました。

観光客とは、現実を写すのではなく、撮りたいものを撮るんだな、となんとなく思ったのをよく覚えています。これが、ジョン・アーリというイギリスの社会学者が言う「観光客のまなざし」であることに気づいたのは、ずいぶん後のことでした。なお、のちに時計台の前には、まさにイメージ通りの撮影を行えるような撮影スポットを教える踏み台が設置されたそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 『実際に、パリに行った人は何をするでしょうか?』 『やっぱり花の都なんだと感動したり、カフェとかセーヌ河の雰… https://t.co/qnLxNNe0Kc 2年弱前 replyretweetfavorite

tabino_konomi 「観光とは発見ではなく確認」 2年弱前 replyretweetfavorite

matsu_take 今回は、tourist gazeについてです。時計台とパリと浅草とハワイ。 https://t.co/RNY7cgS4Kn 2年弱前 replyretweetfavorite