似たような企画しか浮かばない!をなくす「アイデアしりとり」

みなさんはアイデアをどのように生み出していますか。ひとり机に向かい「うんうん」とうなりながら考えていますか? それともパソコンでネットサーフィンなんかしながら考えていますか? 『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』連載第4回は、自分の考え方の癖から発想を開放し、アイデアをさらに量産する方法を紹介。キーワードは「しりとり」です。まるでゲームでもしているかのような発想法を一緒に楽しみましょう!

アイデア自体を「お題」とし、さらなるアイデアを量産

前回は「かけ合わせ」により企画のもとになるアイデアをつくる方法を、実例を交えて説明しました。ただ、そのようにして出てきたアイデアを、さらに広げ、もっと数を増やす方法があります。僕の企画づくりは、この方法なくして成立しません。

改めて言いますが、いいアイデアを手に入れる方法は、
アイデアをたくさん出して、その中からいいアイデアを選ぶ
というやり方です。

10個のアイデアがあれば10個中1位のアイデアは必ず存在しますし、100個あれば100個中1位のアイデアが手に入ります。
そこで、アイデアの数をどんどん増やすために、自分の考え方の癖から外れた発想を一気に開放します。その方法とは、「お題」×「ネタ」で出てきたアイデアに、もう一回、ランダムな言葉をかけ合わせて、さらに独創性を持った新しいアイデアを見つけ出そうというものです。

ランダムワードを使ったもう一回の「かけ合わせ」

具体的にどんな方法かというと、先ほどのようにして生み出したアイデアに、まったく規則性のない言葉をいろいろとかけ合わせ、アイデアを変化させていくというものです。
僕はこの方法を「アイデアしりとり」と名づけ、実際の仕事で使っています。

先に例をお見せしましょう。前回の記事で「ペンケース」のお題を考えたアイデアの中に、
「勉強すればするほどほめてくれるペンケース」
というものがありました。
今度は、このアイデア自体を「お題」にします。
そして、このお題にかけ合わせる言葉を、適当に「一人しりとり」で出していきます。
10ワードも出せばいいでしょう。
言葉は、本当に何でもよいので、頭に浮かんだままに出していきます。

リンゴ ⇒ ゴジラ ⇒ ラジオ ⇒ おなか ⇒ 怪談 ⇒ ダンゴムシ ⇒ 調べる ⇒ ルーレット ⇒とびばこ ⇒ 恋

ためしに「リンゴ」という言葉をかけ合わせてみます。
まずは、「〇〇」といえば「××」というように、これらのワードから連想できる要素を挙げていきます。
リンゴから連想できるイメージをいくつか挙げてみると、以下のようになります。

リンゴといえば?
・食べ物
・赤と青がある(赤リンゴ、青リンゴ)
・Apple(企業)
・弓矢で射貫く
・握りつぶす

次は、リンゴから連想で出てきたイメージと、お題となるアイデアの「勉強すればするほどほめてくれるペンケース」をかけ合わせていき、自由に新しいアイデアを連想していきます。

【お題】勉強すればするほどほめてくれるペンケース
 ×
【ネタ】リンゴ
食べ物 ⇒ 勉強するとおやつをくれるペンケース
赤と青がある ⇒ ほめたり叱ったりしてくれるペンケース
Apple(企業) ⇒ iPhoneをかざすとエールを送ってくれるペンケース
弓矢で射貫く ⇒ 答えが的中するとほめてくれるペンケース
握りつぶす ⇒ 疲れた時に握りつぶすと癒やしてくれるペンケース

こんな感じです。
先ほど、「欲しいと思う理由」を材料にしていただけでは思いつかなかった味付けが、アイデアに加えられていきます。

このようにしてランダムな要素から生まれてきたアイデアも、先に説明したように、ネタが持つ「欲しいと思う理由」だけをかけ合わせて生まれたアイデアと区別することなく、一緒にメモしてどんどん増やしていきます。
これがかけ合わせでアイデアを出す真骨頂なのです。

ランダムワードは、必ずしりとりで出さなければならないというわけではありませんが、意図せずに無作為にいろいろな言葉を選ぶ一つの方法としておすすめしています。

ランダムワードで思考の癖から抜け出す

どんな人間にも考え方の「癖」というものがあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

売れる企画を仕組みで生み出すメモの技術をもっと知りたい方はコチラ

この連載について

初回を読む
一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)

高橋晋平

ヒット企画を生み出すのに特別な才能なんていりません。必要なのはメモの技術です。本連載は、∞プチプチなど大ヒット商品を数々生み出してきた高橋晋平氏の最新刊『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』から、クリエーターでも何でもないごくご...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

asapublishing 【パブ情報】cakes連載!  |#高橋晋平 @simpeiidea 『 1年以上前 replyretweetfavorite

shigekey "ズレたアイデアが出てきても、一旦書きとめて放置しておいて損はありません。企画になるかならないかは、後で取捨選択をすればいいだけですし、ズレていたアイデアが何かに結びついて化けることもあります。" https://t.co/4sx2MxQ0xn 1年以上前 replyretweetfavorite

Lagrangianpoint https://t.co/lxQEflYY7f 1年以上前 replyretweetfavorite