なぜ鉄板焼き屋の鉄板は、常にピカピカに美しいのか?

台所にどうしても溜まってしまう、細かな油汚れ。でも、毎日大量の油で調理している鉄板焼き屋の鉄板が、いつもピカピカに美しいのはなぜでしょうか? その理由は「汚れを熱いうちに拭きあげているから」。家でも同じようにすれば、こびりついた油汚れをゴシゴシこする掃除とサヨナラできます。人気料理家・高木ゑみさんの著書『やる気の続く台所習慣40』から、油汚れを簡単に落とす掃除の秘訣について教えていただきました。

毎日の汚れは「熱いうち」に拭きあげる。

揚げ物をしたときや、食材にちょっと水分が残っていて、はねてしまった油など。やっとの思いで調理器具や食器を洗い終わったあとに、コンロに残った油汚れを見ると、ゲンナリしますよね。

さらに、ふとコンロ周りの壁にも目をやると、あちこちに積もり積もった汚れがテカテカ、ベトベト。でも疲れたし、今日のところは見ないふり、見ないふり……。そんな人はいませんか?

鉄板焼きやお好み焼きのお店で、カウンターに座ったことはあるでしょうか。たくさんの魚介やお肉、粉物などを、たっぷりの油で焼いているにもかかわらず、鉄板には汚れ一つこびりついておらず、いつもキレイですよね。なぜだと思いますか?

それは、食材を焼いたそのつど、鉄板を熱いうちに拭いているからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やる気の続く台所習慣40

高木 ゑみ

献立作り、買い物、調理、後片付け、掃除……。「面倒くさい」「楽しくない」と感じながらも、それでも毎日やってくる【台所しごと】。そんな台所で「毎日のやる気が続く簡単なコツ」を超人気料理家が伝授します。手際やセンスは不要! 誰でも、今日か...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません