会見で足を組む豊原功補

小泉今日子が突然の不倫告白。今回「ワダアキ考」で取り上げるのは、その相手である俳優の豊原功補です。小泉今日子の公表を受けて行った豊原功補の会見中、彼が足を組んでいたことが話題になりました。足を組んだことがなぜそんな話題になるのか。武田砂鉄さんが分析します。

「さすが小泉今日子」からの減点

不倫が発覚する度に、「こいつなら許す」「こいつなら許さない」と判別を繰り返すこと数年、小泉今日子があっけらかんと「不倫してます」と伝えると、ひとまず各方面に配慮しなきゃいけない案件だなと感知したメディアは、「不倫」ではなく、小泉の発表通りに「恋愛関係」との文言で報じた。どうやって伝えるのが無難なのかと様子見する空気に包まれる。未婚の女性芸能人が既婚男性と不倫しているとわかった途端に、「相手側の奥様のことを考えたら許せない!」と、相手の奥様を憑依させるいつもの必殺技は、なぜだか、ひとまず隠されるのであった。

人様の不倫について「許せる」「許せない」と外の人間が査定する奇行は今回も続いたが、いつものように、自由気ままにバッシングを加算していくスタイルではなく、「さすが小泉今日子」という状態から、どこまで不倫で減点していいのかを推し量るという珍しいケースとなった。人様の不倫を、加算にしろ減点にしろ、採点する行為自体を止めよ、と思うのだが、止める選択肢はない。ジャッジを止めないけど、今回はジャッジの仕方がわからないので様子を見る。偉い人や組織の提灯を持つことに馴れている媒体は、「さすが小泉今日子」からの減点方法に困り果てたのである。

「足を組みながら質問に応える一幕も」

さて、お相手は豊原功補。彼のことを知って長い年月が経つが、よし、今日は彼が出るぞ、とテレビの前に身構えた経験はない。ずっと見かけてきた。でも、「見かける」にしては、その情報量が多く、刑事役だったか犯人役だったかすらも覚えていないのに、見かけた残像が色濃く記憶されている。今、ベテランの男性俳優は何かとバイプレイヤーと持ち上げられる傾向にあるが、見かけた残像の量では、豊原功補って相当上のほうにくるのではないか。小泉のコメントを受けて、豊原が会見を開いた。テレビの前で彼を身構えた初めての経験になったが、「さすが小泉今日子」からの減点方法を見定められない人たちがどうしたかといえば、豊原が記者会見中に足を組んでいたことを、これは減点の材料ではないか、と漂わせるのだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kareigohan42 ただなんとなくニヤニヤと読んでしまった笑 絶妙に笑える。 6ヶ月前 replyretweetfavorite