眼球を二つに切ると、中身は何色でしょうか?

著者の久坂部羊さんは、子どものころ電気炬燵の中にもぐり込んだとき、ウサギの人形を持って入ったら、オレンジ色の口が真っ白に見えて驚いたそうです。炬燵の外へ出すと元通りのオレンジ色に見える。それが炬燵の中へ持って入ると、どう見ても白にしか見えない。一体どうしてでしょうか? 続々重版で話題の『カラダはすごい!』、今回は眼球のヒミツに迫ります。

〝第六感〟とは

人間の感覚には、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五つがあり、これを一般に「五感」とよびます。それぞれを担う器官は、目、耳、鼻、舌、皮膚ですが、これはおおざっぱな分類で、たとえば、皮膚が感知するのは触覚だけではなく、温覚、痛覚、圧覚もあり、耳の奥(内耳)では、平衡や回転の感覚も察知します。感覚には特別な器官を使わず、脳が直接感知するものもあります(口渇感や倦怠感など)。さらには、内臓感覚と言われる腹痛、頭痛、便意、尿意、性的快感などもあります。

感覚は呼吸や循環と異なり、直接には生命維持に関わりませんが、生きていく上で重要な働きをします。危険を察知し、食物のありかを見つけ、生活の場所や方法を探るのに欠かせません。さらには、感動や快楽を得るためにも必要です。同時に、それは不快感や苦痛を引き起こす原因ともなり、いっさいの感覚がなくなれば、快もない代わりに、不快もないということになります。般若心経にある「無眼耳鼻舌身意無色声香味触法」も、似たようなことを指しているのでしょう。

いわゆる第六感とは、この五感を超える感覚で、多くは霊感とか予知能力、千里眼などを指します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

眼球を二つに切ると、中身は何色でしょうか? カラダのヒミツを徹底解剖!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sonettch 「左目が眩しいデビッド・ボウイ」 8ヶ月前 replyretweetfavorite

ziyuishi やめろよ! 8ヶ月前 replyretweetfavorite

morienyo #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite