インフルエンザ、ノロ……感染ルートが違えば予防策も違う!

冬の感染症として一緒に語られがちなインフルエンザやノロウイルス。しかし感染の仕方は飛沫感染や接触感染と、ウイルスごとに異なります。また、インフルエンザにはアルコール消毒が、ノロウイルスには家庭用消毒剤が有効、などの違いも。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの新刊『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、ウイルス対策の基本のキ・感染ルートに関する基礎知識を教えていただきます。

感染症対策は感染ルートを知ることから

インフルエンザやノロウイルスといったウイルスやたいがいの菌は、ホコリやカビなどと違い、目には見えないため、ピンポイントで狙い撃ちすることができません。

しかし、これらのウイルスや菌に対しても、家庭内で「どういう場所に付着しやすいのか?」「どういう習慣を身につければ防げるのか?」を知ることで、リスクを減らすことが可能です。そのためには、ウイルスや菌の感染ルートについて、知っておくことがまず必要となります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません