一故人

西部邁—論理的に怒り続けた思想家

多くの著書を世に問い、経済学者・保守派の論客として知られた西部邁。彼の自死は世間に衝撃を与えました。今回の「一故人」では、その歩みを振り返ります。

意見を異にする人たちとの対話を好む

保守派の論客として知られた評論家の西部邁(2018年1月21日没、78歳)は、1995年2月、オウム真理教から、教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)とウラジオストック放送で流すための対談を依頼された。麻原とはかつてテレビ朝日の討論番組『朝まで生テレビ!』で一緒になり、その発言に怪しげなものを感じていたという。それでも、自分と立場や意見を異にする者との対話を好む西部は、対談を引き受けようと思った。

しかし、依頼の手紙を受け取ったときはあいにくひどい宿酔で、返事を遅らせる。そこへ来て、オウムから雑誌類がどっさり届けられ、夫人が異変に気づいた。雑誌には「自衛隊が毒ガスを撒いている」などとあまりに奇妙なことがたくさん書かれており、それに彼女は「少し気をつけたほうがいいのではないか」と夫に忠告したのだ。西部はこれを受け、依頼には返事をしないで放っておくことにする。夫人の予感は的中し、それから1週間も経たずして、地下鉄サリン事件が起こった。もし対談に応じていたのなら、その内容など関係なしに世間からは「オウムの支持者」の烙印を押され、発言の場を失っていただろうと、彼は忠告してくれた妻に感謝したという。

オウムとの一件は極端な例だが、西部はできるかぎり幅広く人間とつき合うことを旨とした。たとえば、思想的に相違も多い評論家の佐高信とはテレビのCS放送で対談番組を3年にわたり担当し、書籍化もされている。亡くなる前月には、漫才師の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)との対談が週刊誌に掲載された。アウトローとのつきあいもあり、札幌でやくざの親分にもなった高校時代の唯一の親友について『友情』(2005年)と題してエッセイにまとめている。彼によれば、人間関係の広さは《知識は人間の生を母体とするという考えからして当然のこと》であった(西部邁『ファシスタたらんとした者』)。

意見の違う者とのあいだでは、当然ながら論争も生じたが、そこで大事にしたのはユーモアだった。ただし、西部の言うユーモアは、単なるしゃれや諧謔とは異なる。これはイギリスの作家・批評家チェスタートン(西部は折に触れてこの人物の言葉を引用した)がユーモアとウィットを区別したのを踏まえたものだ。彼は次のように説明する。

《僕なりの解釈でいうと、ユーモアというのは自分を超えたものの存在を想定して、しかし自分はそれに近づけないという絶望があって、そこからペーソス混じりの表現が出てくるんですよ。つまり、おのれを知った者の滑稽というのがユーモアだと思うんです。/その点、いまふうの言論で気に入らないのは、パロディ文化もそうですけれど、ユーモアにいかず、せいぜいのところウィットなんです。ウィット、つまり機知というのは、自分が大した者だと思っているんですよ。自分の才能の誇示なんです》(筑紫哲也『若者たちの大神』

これはジャーナリストの筑紫哲也との対談で、「知識人が他人を批判する場合のやり方、言葉の使い方が下品に思えてしかたがない」という相手の発言を受けてのものだ。

後年にいたっても、いまどきの「自称保守」が中国や韓国・北朝鮮、あるいは旧民主党や共産党寄りの論客などを敵視し、悪しざまに非難することに対し、《「議論」なるものの大前提は、自分にも誤謬がありうるし相手が自分よりも正当ということもありうる、と想定することにほかならない》とフォリビリティ(可謬性)の自覚を促した(『ファシスタたらんとした者』)。

絶望から、おのれの分を知ったうえでのユーモア。自分も間違いを犯す可能性があるという前提のもとでの議論。それは、西部自身が何度となく挫折を繰り返してきた体験から来るものでもあったのだろう。ここで彼の来歴を振り返ってみたい。

左翼運動との訣別

西部邁は1939年3月、北海道長万部に生まれ、現在の札幌市厚別区で育った。生家には、高校2年のとき突然、世界文学全集がそろい始めるまで本らしいものはなく、彼に政治的・思想的な雰囲気は皆無だった。それが、一浪して再び東京大学を受験するまでの1年間、家に閉じこもって勉強をするうちに、《まったくどういうわけか、東大に入ったら自分は学生運動とかいうものをすることになるのだろうと確信しはじめていた》という(西部邁『六〇年安保』)。

1958年4月に東大教養学部(駒場)に入ると、確信どおり学生運動に携わるようになる。やがて先輩の誘いで共産党に入るが、わずか4ヵ月で除名される。このころ、共産党中央と学生党員グループが路線対立から衝突、同年12月には党を除名された全学連(全日本学生自治会総連合)幹部を中心にブント(共産主義者同盟)が結成され、西部もこれに参加した。ブントは、既存の左翼政党を批判・否定し、独自に社会変革をめざす新左翼の走りとされ、1960年の日米安全保障条約の改定に際してはその反対運動(60年安保闘争)の急先鋒となった。そのなかで西部は入学して1年半後には自治会委員長、都学連副委員長と全学連中執を兼ね、闘争の最前線に立つことになる。

安保闘争は、1960年6月23日に新安保条約が国会で自然承認されたことで終焉したが、西部は政治活動により逮捕・起訴・保釈を繰り返す。60年11月に4ヵ月間の拘留から保釈されたあと、翌年3月には「戦線逃亡」を宣言、左翼過激派と訣別した。それから7年、3つの裁判で被告人となり、この間、64年に東大経済学部を卒業したのを機に結婚する。裁判はいずれも執行猶予がつき、実刑は免れた。

東大を卒業すると、同大学院経済学研究科修士課程に進んで新古典派経済学を専攻し、修了後は1970年より横浜国立大学の助教授を務める。裁判中の20代後半から荒んだ生活を送っていた西部は、職に就いてもなお深酒と博打にふけっていた。だが、1972年、新左翼の一党派である連合赤軍の組織内でのリンチ殺人事件が発覚すると、活動家時代の自分と重ね合わせ衝撃を受ける。10年間を無為に過ごしてきたことを恥じた彼は、ちょうど母校の東大教養学部の助教授に就任するタイミングでもあり、ふしだらな遊びを一切やめ、哲学・社会学・政治学・心理学・歴史学・文化人類学・言語学・記号学など、ありとあらゆる本を読み漁った。

1975年には、経済活動をより広い社会的行為との関係でとらえ直そうとした『ソシオ・エコノミックス』を発表して注目される。77年から翌年にかけてはアメリカのカリフォルニア大学バークレイ校、さらにイギリスのケンブリッジ大学に、夫人と子供たちを連れて留学した。フェローシップ供給元とは1ヵ所に2年間滞在との約束であったが、戦後の占領期より抱いていたアメリカへの複雑な思いが滞米中にますます深まり、嫌気がさしたため結局1年あまりでイギリスに渡ったのだ。

伝統社会であるイギリスで「保守」についてぼんやり考えていたという彼は、帰国後、保守思想家として論陣を張ることになる。

大衆批判の急先鋒として

敗戦後のアメリカ占領下での民主化と、その後の高度経済成長を経て、大衆が圧倒的な力を持つようになった社会を、西部は「高度大衆社会」と呼んだ。彼の言う大衆とは、《産業の産物である物質的幸福と民主制の成果である社会的平等とを、いささかも懐疑することなく、ひたすらに享受し、やみくもに追求する》世の多数派を指した(西部邁『大衆への反逆』)。

大衆はすでに政治、産業、文化とあらゆる方面を支配しており、それを批判することはタブーとされた。西部は1980年、新聞への寄稿のなかで、そのタブーを侵して大衆批判をすることを宣言する(「'80年代を生きる」、『大衆への反逆』所収)。このとき彼がしきりに引用したのが、大衆批判の先達である20世紀前半のスペインの哲学者オルテガだ。「“高度大衆社会”批判—オルテガとの対話」(『大衆への反逆』所収)と題する論文で、オルテガについて書いた次の一文は、まるで彼自身の行く末を暗示していたようにも読める。

《少し皮肉なことに、オルテガは知識人のための知識というものを軽蔑し、大衆の直中にいようと努力した人である。(中略)新聞・雑誌・講演などがその主要な活動舞台であった。その意味で彼は大衆と共にいた。しかし、一八九八年の米西戦争の敗北後にスペインをつつんだ憂うつ、苦悩、疲弊に巻きこまれることを拒んだし、また、敗北感にたいする反動としての過剰な愛国心や伝統への退嬰に与することもなかった。その意味で彼は大衆から離れて独りでいた》

西部もまた、大衆への迎合を拒みつつも、新聞・雑誌・講演・テレビと、大衆のただなかで著述活動を展開した。そのおかげでアカデミズムの世界では、ジャーナリズム寄りだと疎まれることも少なくなかった。他方で、左翼からは保守反動と呼ばれ、保守派や右翼からは元左翼過激派の反米主義者と批判されることもしばしばであった。

東大在職中(1986年より教授)の西部は経済学者という肩書を持ってはいたが、いかなる学会にも入らなかった。そこには知識人の在り方に対する疑念があった。社会が複雑に機能分化した現代にあって、知識人のなかでも、物事の全貌をまったく洞察することなくその断片だけ取り出してみせる「専門人」が幅を利かせるようになった。こうした傾向に対し、彼は「専門を失くすのが俺の専門」と言ってはばからず、人間社会の全体像を描くことを追究し続ける。

そこへ来て1988年、彼の勤務する東大教養学部で、宗教人類学者の中沢新一を助教授として招聘するか否かをめぐり、教授たちが対立する。西部は、当時ポストモダンの旗手と目されていた中沢に批判的だったものの、《ポストモダンの論客と日常的に論争できるというのは面白いな》と考え、招聘に賛同した(西部邁『サンチョ・キホーテの旅』)。しかし、中沢の業績を学問として認めない教授も少なくなかった。結局、この招聘案は、人事委員会と社会科学科会では可決されたものの、学部の教授会では反対多数で否決されてしまう。教授会は本来なら、科会の案を形式的に承認するだけだが、このときは反対派の教授たちが裏で悪い噂を流すなどして、中沢を徹底して拒否したのだった。

このとき人事委員長として中沢招聘に奔走した西部は、人事案がつぶされたのに大学にとどまるわけにはいかないと、教授を辞職した。そして辞職後は3ヵ月間という期限付きで、騒動の内幕を各メディアで“暴露”する。オルテガの言う「知識人のための知識」を弄び、専門知に閉じこもる知識人を批判し続けてきた彼にとって、この騒動は格好の材料を提供した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
一故人

近藤正高

ライターの近藤正高さんが、鬼籍に入られた方を取り上げ、その業績、人柄、そして知られざるエピソードなどを綴る連載です。故人の足跡を知る一助として、じっくりお読みいただければ幸いです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keitanakamu とてつもない。興味深い。 《感情的に怒っているんじゃないのだ。論理的に怒っているのだ》 https://t.co/zBcyZU7JpA 3ヶ月前 replyretweetfavorite

taizona 一故人 | 近藤正高 | cakes https://t.co/ck9WNxAEVz https://t.co/vAbgbBDmrh 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yestarina 生き続けていたとしても、稀有な人である 3ヶ月前 replyretweetfavorite

small_books 近藤正高さんのcakesの連載「一故人」が更新されました。今回の人物は「 単行本『 3ヶ月前 replyretweetfavorite