大学1年生の歩き方

賢く稼いで賢く使う! 投資と浪費の見極め方

バイトをしないと生活が立ち行かない学生が増えてきた、と語る早稲田大学助教、トミヤマユキコさん。大学で教えているからこそわかる、学生のお金の心得とは。 
「大事なものだからこそ、溜め込むのではなく、あなたという有望株に投資するようにしましょう。」

いまやみんなが苦学生という時代がやってきた

突然ですが、みなさんは自分を「苦学生」だと思いますか? お金がない、生活が苦しい、と思うことはあるでしょうか? 2月はちょうど春休みの時期で、バイトに精を出している人も多いと思います。そこで今回は、学生生活にとって欠くことのできない「お金」について考えてみましょう。

学費や生活費のために働きながら勉強する学生は、いつの時代にもいましたが、わたしが学生の頃は、少数派のイメージが強かった。しかし、長引く不況のせいか、いまや学生のほとんどが苦学生と言っていいような状態。短時間で効率よくお金を稼ぐため、性風俗の仕事をする学生が少なからずいることも、クローズアップされるようになってきました。

学生へのインタビューでも、バイトをしないと生活が立ちゆかないと答える人が半数以上にのぼります。お小遣い稼ぎの感覚でバイトしている人は「自分は恵まれている」と語りますし、バイトせずともよい人に至っては「友だちに言えない」と申し訳なさそうにしています。学生なんですから、働かずに済むことは悪いことでもなんでもないのに、それがなんだかいけないことだと思えてしまうほど、バイトすることがデフォルトになっているのです。

世界には、大学の授業料がゼロの国も、奨学金を返還しなくてよい国もあります。羨ましいですよね。学ぶことを、個人が趣味でやっていることと突き放すのではなく、いずれ国の発展に貢献してくれる頭脳・才能を育てることだと考えれば、国が教育にお金を投じることは、むしろ当然のことのように思えます。

しかし日本では、学ぶことは個人的なことであり、自己責任の範疇にあるという感覚が支配的です。ですから、貧困層は勉強する機会を逃しがちですし、どうにか学べる環境を手に入れた人も、バイト三昧でなかなか勉強がはかどらない、なんてことになる。わたしは学生にどんなことでも正直に言ってくれたら許す、と常々言っているのですが、「今日バイトに行かないと、本当に生活費がヤバいので早退させてくれ」とか「土日はずっとバイトで宿題をやるヒマがありませんでした」とか言われることがあって、そうなるともう「学生の本分は勉強! バイトなんか行くな!」とは言えなくなってしまいます。勉強より生活を優先せざるを得ない学生を責めることは、あまりにも酷だと思うからです。

心身を壊すような働き方だけはするな

できる限り学生生活をエンジョイしながらバイトもこなしたいのであれば、時給が高い仕事を探さねばなりません。時給が高いといえば、大きく分けて、家庭教師や塾講師の方面と、夜勤仕事や肉体労働の方面がありますが、どちらを選ぶにせよ無理がたたって倒れてしまっては意味がありません。講師業はすごく神経を使うからメンタルをやられたという人もいれば、夜勤で自律神経がおかしくなったという人もいる。自分がどういうタイプの人間かをよく考えた上で、継続してやれそうな職種を選ぶようにしましょう。仲のいい大学院生にすごく時給が良いという理由で火葬場の夜勤をやっていた人がいるのですが「すぐにやめちゃった。やっぱおばけでたら怖いじゃん」と言っていました。いい歳して「おばけ」とか言っちゃうくらい怖がりなのに、なんで火葬場の夜勤を選んだんだ、無謀すぎだろ。職業選択のセンスをやしなっておくことは、いずれやってくる就職活動にも関係するので、たかがバイトと思わず、しっかりやっておくことをオススメします。

それから、働くことを「金のために我慢すること」だと思わせるような職場は危険です。お金を頂くのだから、多少のことは耐えなくちゃ、と思っているうちに、社畜マインドが形成され、搾取されていることにすら気付かなくなってしまうのは、明らかに人生の損失。

いわゆるブラック企業は、仕事内容がひどいのはもちろんですが、そのひどさに反発しないよう社員をコントロールする術に長けています。わたしの教え子に「バイト先がどう考えてもブラック企業だったんですが、辞めませんでした。粘り強く交渉を続けて、学生らしく働けるようにしたんです」と言っていた人がいましたが(すごい!)、これはかなりのレアケースだと思います。みなさんはまだ若く、それゆえ大人の狡猾さに気付かないこともあるので、十分気をつけてください。テストが近いのに休ませてくれないような職場や、休むとペナルティが課せられる職場は、ブラックというか深すぎる闇。すぐに逃げた方がいいですよ……。

「投資」と「浪費」を混同してはダメ

もしもあなたが親のスネをかじれる状況にあるなら、遠慮なくそうすべきです。わたしの教え子にも、社会人になったら返済すると約束して、親から旅行代金などをじゃんじゃん借りている学生がいますが、後ろめたさを感じる必要なんてありません。むしろ積極的にスネをかじっていい(もちろん感謝はしなくちゃいけませんが)。魔法の言葉「出世払いで!」ですべて乗りきっていきましょう。

やはり、なんだかんだ言って、大学生が最も大切にすべきなのは、いろんな種類の経験を積むことなんですよね。そして良質な経験は、自分の時間をしっかり確保することなしには得られない。勉強する時間、友人や恋人と過ごす時間、本や映画を楽しむ時間、旅行する時間……そうした時間にどれだけ「投資」できるかで、大学生活の充実度はかなり変わってきます。たとえば、毎晩変わりばえのしないメンツで飲み歩くような「浪費」はどうかと思いますが、自分の世界を広げてくれるような飲み会には、積極的に「投資」すべきです。

ちなみにわたしは、大学院の修士・博士課程両方で奨学金に申し込み、そこから学費と生活費を捻出しつつ、時給がいいバイト(家庭教師)と、将来の夢に繋がりそうなバイト(編集プロダクション)をほどほどにやりながら、親のスネも全力で囓っていました。フルコースです。修士と博士のときに背負った奨学金という名の借金は、かなりのものですが、そもそも全力で働きながら勉強もがんばる気力と体力なんて、わたしにはなかったんですから、「働かなくていい時間」を手に入れるための借金(ウン百万円)を、決して高いとは思いません……いや、本当は高い! すごく高いと思ってるんだけど、それはもう仕方ない! あれは必要な「投資」だったんだ! 悔いてはいないぞ(涙目)!

「投資」と一口に言っても、その内容はさまざま。古本屋で買った50円の本を読む投資も、何十万もかけて就職セミナーに行く投資も、投資は投資。苦学生のみなさんも、比較的裕福なみなさんも、金額の多寡は問いませんので、手に入れたお金をできるだけ「投資」に回すよう工夫してみてください。質素倹約は美徳とされていますが、学生がそれをやりすぎてしまうと、自己投資をおろそかにするのと同じです。下手をすると、あなたの才能の芽を摘んでしまう危険性もあります。お金は確かに大事なものですが、大事なものだからこそ、溜め込むのではなく、あなたという有望株に投資するようにしましょう。

著:トミヤマユキコ
(次回「大失恋から学んだお金の本質」は2月27日(火)公開予定です。)

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

トミヤマユキコ,清田隆之,死後くん
左右社; 46判並製版
2017-03-27

この連載について

初回を読む
大学1年生の歩き方

トミヤマユキコ /清田隆之(桃山商事)

「失敗しても大丈夫!」な人生の歩き方とは? 早大助教のトミヤマユキコと、恋バナ収集ユニット桃山商事の清田隆之が、仕事や恋愛、お金やコンプレックスの話まで、自身の黒歴史をさらしつつ語ります。「キラキラしたいわけじゃないけど退屈な学生生活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

do_do_tom トミヤマさんは本当にいいアネキだ〜 https://t.co/REF4 4日前 replyretweetfavorite

sayusha 【cakes連載】大学1年生の歩き方、本文公開中! 今月は「学生とお金」がテーマです。ブラックバイトとお金の浪費には要注意。これは渦中の人は気づきにくいところと思います。(も) https://t.co/GuPqf37Nhq 6日前 replyretweetfavorite