滞在15年以上のプロが語る〜最近の在タイ日本人ってどうよ !?

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、タイ滞在歴15年以上のプロたちによるぶっちゃけ座談会を掲載。

異常ともいえる拡大を示している、在タイ日本人社会。数が増えれば当然、問題児も出てくる。そんな人でもなんとかなってしまうタイではあるが、果たしてそれでいいのか?

それぞれ在タイ15年以上のキャリアを持つ、経営コンサルタント、人材派遣会社、記者の3人が匿名で、在タイ日本人社会の問題点を斬る。

タイはニートに優しいなんて幻想

コンサル 猫も杓子も、じゃないけどさ、タイはちょっと日本人が増えすぎなんじゃないの?

人材会社 2017年前期の発表で、在留届の数が7万を超えましたね。

記者 私がタイに住みはじめた10数年前は、確か2万5000人くらいだったはずなんです。その頃に比べると、えらい増えている。

人材会社 やはり裾野産業と個人レベルの進出が目立ちますね。中小企業に現地採用。いや、もう現地採用という呼び方では、くくりきれないかも。駐在との垣根もあいまいになってきている。うちで扱ってる求人も、待遇や採用基準などホント多様化してきました。

コンサル そのぶん、クソみたいな日本人がやたらと増えているでしょう(怒)。

記者 まあ僕は人のことは言えませんが……。

人材会社 話にならない履歴書を送りつけてくるニートみたいなのは確かにいますね。

記者 そんなのでも、どうにか生きられるのがタイのありがたいところでもあります。かくいう私も、週刊誌がきつくて辞めてタイに逃げてきて、しばらくぶらぶらしてましたから。で、日系メディアに拾われて。

コンサル あんたみたいなのが日本人の評判を下げてんだよ。外こもり、とか言って。タイ人は優しいとか無職ニートでも気にしないとか、ぜんぜん違うから。「何号室のあの日本人なにやってんのかね」「毎日飲んだくれて」とか、ウワサしてるからね。

健全化しつつある在タイ日本人社会

人材会社 でも最近は、まともな人のほうが増えたと思いますよ。でないと、こっちの日系企業だって雇わない。昔はタイ語がちょろっとできるくらいで工場の御用聞きあたりに潜り込むのもいたけど。

記者 日本で借金踏み倒して、さらにギリギリまでキャッシングしてきたやつとか、犯罪者とかオカマとかヤク中とか、たくさんいましたよね。いったいこの人どうやって暮らしてんだろ……って謎の日本人が。

ソンクラン(タイ正月)の水かけ祭り。タイに住んでいるなら一度は参加したい

人材会社 これはおもにミャンマー人やカンボジア人の問題なんですが、近隣諸国からやってくる不法就労者対策が厳しくなってきたんですね。で、ビザランが年々やりにくくなっている。2014年のクーデターで軍事政権になって以降は、ビザやワーパミのチェックもきつい。あやしい日本人がぼんやりマイペンライ、と生きられる社会ではなくなりつつある感じを受けますね。

コンサル 僕ワーパミ持ってなくてテヘッ、みたいなやつは確かに減ったかも。

人材会社 2015年における、タイでの日本人の合法的就労者数……いわゆるワークパーミットの発給台数は3万6666人。1位がミャンマーの約100万人、以下カンボジア、ラオスと周辺国の労働者が続きますが、それをのぞくとトップです。

コンサル 日系企業もこの数年コンプライアンスにうるさくなってきてるからね。

記者 滞在許可(ビザ)やワーパミは警察の管轄。軍事政権はここを締め上げて警察を弱体化させたい。運用を厳しくして、外国人の滞在許可や営業許可にまつわるワイロなどの金が警察に回らないようにしている。

コンサル 警察はタクシン派(元首相)の牙城だったからね。警察と軍、タクシン派と反タクシン派。この10年以上の政治的暗闘がこんなところでもあるわけだ。

DQNはタイ起業で成功する!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite