Q.半年でクビ、激務でメンタルと体を壊しました…

今回は「激務の職場でメンタルと体を壊し、失敗のトラウマから働くことが怖くなった」というデザイナーの方からの相談です。
元メンヘラ現ハッピーリア充のスイスイさんが、苦しくて前に進めない相談者さんに、メンタルがやられないためのアドバイスを送ります。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

デザインのためなら死んでもいいと思っていたけれど

スイスイさん、はじめまして。
いつも面白く、ハッとさせられながら拝読しております。

私の悩みは、仕事のトラウマとどう向き合えばいいか?です。

私は美大を出てデザイン事務所で働いています。社会人2年目です。
修行の場なので、薄給激務で厳しいことは承知でした。
学生のときは、デザインのためなら死んでいいと思うくらい、課題や研究にのめりこんでいました。成績も優秀でした。

ただ、働いてみるとそこは想像を絶するものでした。
大量の雑務、クライアントがいるプレッシャー、締め切りのプレッシャー、自分の圧倒的情報処理能力の低さ、社会性の低さ、さらに初めての一人暮らしで生活もままならず、
毎日上司に詰められまくり、深夜に帰れればマシな方で、連日徹夜しても終わらない仕事。そんな生活でパフォーマンスはさらに落ち、その会社は半年でクビになりました。

その後、また似たような職場で働いて、1年間経っていよいよメンタルと体調を壊しました。
心療内科にも行き、会社に言って、今は少しゆるめのスケジュールで働きながら、つぎの道を探してるところです。

働いてみて、思ってたのと違った、というありがちすぎるパターンなのですが、働くのがこわいです。

最近はメンタルも体調も良くなってきて、客観的に自分の状況を観れるようになってきました。
デザインのためなら死ねる、と本気で思っていたけど実際に死ねる訳はなく、
死ぬまでやらなきゃいけないと自分を追い込みすぎていました。 激務の中で確実にできることは増えたし、生活や環境を少しずつ整えて、好きなことをしたりして、前向きに過ごせる日も増えました。

でも時たま、怒鳴られた声が、締め切りの迫る朝が、鳴り止まない上司からの電話が、突然フラッシュバックして襲ってきて、過呼吸になり涙が出ます。

もう二度とまともに働けないんじゃないか、社会不適合者なんじゃないか、息をしてるだけで迷惑なんじゃないか、 そんな被害妄想でいっぱいになります。
仕事というのは不規則に、踏ん張らなきゃならない場面が出てきます。
そういう全力を出さなきゃならない場面で、パニックに襲われます。

最終的には独立して自分でデザインをして生計を立てたいです。でもプレッシャーや激務からは逃げられないのでは?と思うし、二度も失敗して向いてないのではと自信を失ってもいます。

時間をかけてでも、苦しくても、前に進まなきゃいけないと思います。トラウマのせいにして動かない自分を正当化しようとしてるとも思います。
でも、歩き方がわからなくなりました。
スイスイさん、アドバイスいただけたら幸いです。

(lune・25歳・デザイナー・ややメンヘラ)

「生きづらい」の呪い

はじめに。読者のみなさんに拡声器で呼びかけたい。
今回は「仕事で失敗したトラウマが消えない」人だけではなく、生きることに軽く絶望したことがある、いわゆる「生きづらい」と感じたことのある人たちにも関係のある話なのです。
たとえばそれは、かつての私のような。

「生きづらい」という言葉を見かけるたびに、私は昔の自分を思い出す。そんな言葉はその頃なかったのだけど、私は当時、何か困難にぶつかるたびに、人生まるごと、自分まるごとにいちいち絶望していた。
バキバキの進学校だった高校に自分ひとり合わないとか、たった一人の友人から目を付けられていて教室に入りたくないとか、新卒の面接でうまく自己アピールできないとか、困難なんて日常のほんの一部に関してだけだったのに。

「生きづらい」と唱える癖がある人は、たとえ言い回しとはいえ、困難の対象を「生きること全体」に広げて「わたしは生きることまるごとが辛くて向いてない。何をするのも辛い」という呪いをかけてしまうと思う。
本当は生きる中で楽しいことや好きなことはあるだろうに。それは危険だ。
しっかり困難の正体を見極めて、無駄な苦悩カロリー消費を避けてほしい。という願いを込めて以下進めます。

デザイナーに向いてないのか?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

88yearsold この連載はいつも良いのだけれど、今回は特に染み入る。"人生は壮大な自慰行為" 3ヶ月前 replyretweetfavorite

naoto_india 『「自分の可能性を信じる事」だ。  自分の能力を信じるからこそ、… https://t.co/gXNTdP0FPO 3ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha 今回も良かった。相談者本人以外にも役に立つように感じた。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 今回は、聞くに耐えない恋愛メンヘラ話ではなく、リアルな労働者目線で、大変読み応えがあった。 3ヶ月前 replyretweetfavorite