心のベストテン

驚きのブルーノマーズ、無念のジェイ・Z、MVPのケシャ……やっぱりU2!【グラミー2018】

2018年の1月28日にニューヨークで開催された、音楽界のアカデミー賞とも呼ばれるグラミー賞の授賞式。結果は、ブルーノ・マーズが主要3部門を独占しました。けれど、見るべきは賞レースの結果よりも、彼らのパフォーマンスにあるそうで――
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。
なお、本日2/9 27:05より、フジテレビにて、「心のベストテン」特別版がオンエア! 併せてお楽しみください。

柴那典(以下、柴) 今回は今年のグラミー賞を振り返りましょう。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 結果はブルーノ・マーズが最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞の主要3部門を独占でしたね。どうでした? 柴さん。

 これは正直、ちょっと予想外でした。

大谷 ノミネートの数でいうと、ジェイ・Zが一番多くて8部門、次がケンドリック・ラマーの7部門でしたからね。

 しかも事前の予想ではケンドリック・ラマーが本命視されていた。

大谷 今はヒップホップが完全にポップ・ミュージックの主流になっているわけだから、二人とも獲るかなって思ったんですけど、主要3部門は獲れなかった。

 一番かわいそうだったのはジェイ・Zですよ。ケンドリック・ラマーは主要部門は逃しても最優秀ラップアルバム部門とか他の5部門で受賞してるんですけど、ジェイ・Zの結果はゼロ。

大谷 しかも授賞式は15年ぶりにジェイ・Zの地元のニューヨークで開催されたわけですしね。

 最優秀レコード賞なんて、プレゼンターのアリシア・キーズが「エンパイア・ステート・オブ・マインド」というニューヨークを歌ったジェイ・Zの代表曲をバックに登場していて。それでブルーノ・マーズに決まって、「ええー!?」って(笑)。

大谷 もちろんブルーノ・マーズはすごいアーティストですけどね。スピーチも素晴らしかったし。

ケシャが示した「#MeToo」や「#TimesUp」の本質

 ただ、グラミー賞で注目すべきなのって、結果よりもむしろパフォーマンスなんですよね。授賞式は単なる式典じゃなくて、世界最大の音楽番組でもある。特にここ数年は、アーティストがそこで社会的なメッセージを込めたパフォーマンスをするようになっていて。

大谷 毎回ですよね。以前も触れたように、トランプ大統領が就任して初めてのグラミーだった去年もそうだった。
波乱を呼んだトランプ後のグラミー賞|心のベストテン

 グラミー賞の授賞式を見てると、アメリカ社会が今どんな問題を抱えているのか、それをアーティストたちがどう乗り越えようとしているのか、ということが伝わってくるんです。それを踏まえて考えると、今回、受賞はしていないけれど最終的なMVPだったのはケシャだと思ってます。

大谷 たしかに、ケシャの「Praying」のパフォーマンス、たまらなかったなあ!

 今、アメリカのエンタテインメント業界ではセクハラや性暴力が大きな問題になってるじゃないですか。それに立ち向かう「#MeToo」や「#TimesUp」の運動が巻き起こっている。で、プロデューサーのドクター・ルークに性的暴行や虐待を受けていたケシャは、まさにその当事者だった。

大谷 しかも彼の元じゃないと音楽活動できない契約だったんですよね。それで裁判も起こしていた。

 「Praying」という曲は、彼に受けた仕打ちと、そこから立ち直った自分自身のことを歌った曲で。しかも、歌詞の中で最終的にはドクター・ルークのことを許してるんです。

大谷 そうそう。「あなたは今ちゃんと祈れてるかしら」ってね。

 で、グラミーでは、カミラ・カベロやシンディ・ローパーらが女性が白い服を着てこの「Praying]を歌って、ジャネル・モネイが最高のスピーチをした。


@KeshaRose|13:41 - 2018年1月29日|Twitter

大谷 彼女は『ドリーム』でも素晴らしい演技を見せてくれました。

 「私たちは文化を変える力がある。差別やハラスメントの時代はもう終わったんです」って言うんですよ。つまり「Me too」や「Time's Up」というのは、単なるセクハラの告発じゃない、と。

大谷 社会全体の構造の話なんですよね。

 女性と男性は対立しあう敵同士なんじゃなく、協力して古い因習を乗り越えていこうという話なんですよね。そういうことを示したのがジャネール・モネイとケシャだった。

パフォーマンスと賞レースが乖離する理由
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kkkkssssnnnn #スマートニュース 10日前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 10日前 replyretweetfavorite

itarumusic やっぱ音楽は芸術だな〜 11日前 replyretweetfavorite

shiba710 ダイノジ大谷さんとの対談連載「 11日前 replyretweetfavorite