速報】夫がBLを読みました

男と男の恋愛を描く一大ジャンル「BL」。本連載は、妻であり腐女子でもある文筆家の岡田育さんがおくる、夫に読ませたいBLマンガガイドです。今回はなんと、岡田さんの夫のオットー氏(仮名)が、ついにBLマンガに挑戦します! 一体、オットー氏はどのような反応を示したのでしょうか……?

 私の夫は漫画を読まない。……基本的に。新聞書評に導かれて、よしながふみ『きのう何食べた?』を近刊まで一通り読み終えた後、私が書いたコラム(※本連載第5回参照)を読んだ夫は、「へえー、ケンジとシロさんの、BLが、あるの?」と言った。

 何度説明してもなかなか通じないが、この世に存在しているのはケンジとシロさんの「(原作者本人の手による)二次創作やおい同人誌」であって、少なくとも私はそれを「BL」とは呼ばない(※本連載第1回参照)。というのはさておき、夫のオットー氏(仮名)が訊くのは、要するに「彼らがセックスしているところも、漫画で読めてしまうの?」という質問である。

 訊かれたからには誠心誠意で応えねばなるまい、というわけで、ある日の朝食時、私たち夫婦はテーブルに向かい合って座り、最近オットー氏がハマッている低速回転式製法の搾りたて野菜ジュース(私には正直違いがよくわからないが漠然と意識と女子力が高い)を飲みながら、二人仲良く『ケンジとシロさん』の既刊を読んだ。

「大丈夫です、勉強になりました、もう結構です」

 一冊目、「へえ、これが同人誌ねえ、読んでる感じは本編と変わらないね」と最初のうちこそ熟読していた我が夫も、後半クライマックスにさしかかると「うん、うん、うん、……うわー、……わー、わー、いや、ここからは、さすがに読み飛ばしちゃう……」と、次第に目を細めてページをめくる手が高速回転式になっていく。『きのう何食べた?』本編ですっかり慣れ親しんでいた男性キャラクター二人のあられもない姿を、とても直視できないといった様子で、続きを勧めると「大丈夫です、勉強になりました、もう結構です」と丁重に断られてしまい、私だけが舐め回すように隅々まで再読して朝食は終わった。

 天ぷら蕎麦(BL)から蕎麦(セックス)を抜いた「天ぬき」のような一品である『きのう何食べた?』に、後からお好みで蕎麦を追加したいか? 我が夫の返答は「No」であった。まぁ、その気持ちは、腐女子である私にだって理解が及ぶ。目を細めてセックスシーンを飛ばし読みする夫の姿を見て、ひどく懐かしい気分になった。

 幼い頃、私は男Aが攻め、男Bが受け(A×B)という或るカップリングが大好きだった。しかしそれはあまりにもマイナーすぎる嗜好で、市場にもほとんど同人誌が出回らない。仕方なく私は、圧倒的多数派であるC×BやD×Bの薄い本にも手を出した。Bが受動的に愛でられている内容なら大差あるまい、と軽い気持ちで入手したそれら同人誌の性交シーンを、私はあんなふうに目を細めて読み飛ばしたものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
#夫に読ませたいBL 〜やおいの教科書を考える〜

岡田育

「ボーイズラブ」略して「BL」。それは、男と男の恋愛を描く一大ジャンル。cakesで「ハジの多い腐女子会」の司会を務める文筆家の岡田育さんは、BLを愛する腐女子であり、また夫を愛する一人の妻でもあります。しかし、岡田さんの夫はBL作...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tmiotsukushi 今回の面白いんじゃないかな? オットー氏様々だと思ったよー。腐女子のためのBLがすごく現実世界に接触した気がするー。 https://t.co/pvtKzS04Hk 6ヶ月前 replyretweetfavorite

pppopx オタクでもクズofクズ 腐女子の面汚し 6ヶ月前 replyretweetfavorite

s_vvvf あとで読む: 6ヶ月前 replyretweetfavorite

akibablog |#夫に読ませたいBL 〜やおいの教科書を考える〜|岡田育|cakes(ケイクス) https://t.co/uRnSFUTz87 6ヶ月前 replyretweetfavorite