あなた おかあさんではないから」他人の苦悩を想像で代弁すると〝傲慢〟になる

「あたし おかあさんだから」という楽曲の歌詞が、ネット上で炎上しています。絵本作家の「のぶみ」さんが、子育てする母親の気持ちを作詞したものですが、なにがいけなかったのでしょうか。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、当事者の痛みを代弁することの難しさをを考えます。

「あたし おかあさんだから」という歌詞が炎上している。

ソーシャルメディアで炎上を知り、作者と歌詞について検索し、「これは炎上してもしかたないな」と思った。

すでに多くの人がしっかりとした反論を書いているので、私が書く必要はないと思って沈黙してきたが、ことに男性のなかに「愛情あふれる詩にケチをつけるのは、読解力がないからだ」「こんなことにケチつけるのはおかしい」といった反論に同感している人が多いようなので、作者が母の苦しみに寄り添うつもりで書いたという詩に、なぜ女性たちが怒っているのか、考えてみたい。

毎朝痛みの海に沈んでいるような感覚で目覚めた
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

katazukedekinai 皆様、おはようございます。母性万能主義説への不快感と、「結婚すら出来ていない者が、この歌詞を不快と云って良いのか?」と云う戸惑いと、少し悩んだ事を思い出しましたわ。 他人の苦悩を想像で代弁すると〝傲慢〟になる|渡辺由佳里 https://t.co/Y8F4GdC3RZ 8ヶ月前 replyretweetfavorite

YuhkaUno ああ、そうだよね。私だって、自分が経験した苦しみを「結果的にそれで得られたものがあったから良かった☆彡」みたいにまとめられたら「はぁぁぁー!?」ってなるわ。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

mayumisss わたしはお母さんではないので、この歌詞についてはいうことはない。 うつについてはちょっと経験があるので言いたいことがある。 「知らないのにその苦しみを代弁するな」に加えて、知っててもそれを私に訳知り顔で語るな、はあったな。 https://t.co/91jAj2aZf8 8ヶ月前 replyretweetfavorite

muratayukizane 引用〈私がこの歌詞を読んだときに感じたのは「憤り」だった。その最大の理由は、この結論を導き出したのが「おかあさん」ではなくて男性だったからだ〉  8ヶ月前 replyretweetfavorite