元カノが今カノをマウンティングする瞬間

恋人の会社の同期の飲み会に参加したユウカさん。しかし、そこに登場してきた怪しい女に目をつけられて、やがてトイレ内部で始まる口喧嘩バトル。

池崎の会社の同期の飲み会に便乗して横浜まできたユウカ。

「野郎ばっかだよ」と言った池崎の言葉を信じてやってきたユウカだったが、その飲み会には唯一女性の参加者がいた。彼女は池崎の先輩であり、ハルナと名乗っていた。ユウカはノリのよい同期の男性たちと盛り上がっていたが、その女、ハルナ は飲み会の間ずっと池崎のそばを離れなかった。

***************

「私、彼と昔、いろいろあったからねぇ」

新幹線がトンネルに入ったみたいに、プツンと音が途切れた。でも10秒もしたらトンネルを抜けユウカの頭には確信めいたひとつのことだけが浮かんでいた。池崎の年上の元カノって、ハルナさんだ。

でもユウカはそれを口にはせず、「そうですか」とだけ言った。今、そのことをハルナさん は訊いてほしいんだろうけど、ユウカは意地でも訊くつもりはなかった。

ユウカがそのまま化粧室から出ようとすると……

「付き合ってたのよ」

その声は小さな空間にはっきりと響いた。

そのまま出て行くわけにもいかず足を止めると、「誰も知らないんだけどね。和田くんも」訊いてもいないのにハルナさんは続けた。

「そうですか」

「和田くん、あれでいて結構うるさいから。池崎くんと何かあったなんて知ったら、池崎くんに対して何するかわからないから。だからこれは墓場まで持っていくつもり」

墓場まで持っていくほど重要な秘密を、どうしてユウカにはあっさりと告白をしたのだろうか。ユウカはハルナさんの真意が手に取るようにわかっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taizona 菅沙絵 | cakes https://t.co/zNVMGW6fbu https://t.co/51VDLbR532 6ヶ月前 replyretweetfavorite

rainbow_shopper 女は違う。今の彼女の知らない元彼を知っていることを見せつけて上に立ちたいのだ。本当は今同じ土俵に立っているわけでもないから彼女と張り… https://t.co/kkhQv3GYph 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ya_sa_i まじでリアルにいる https://t.co/fqNtnyVWIM 6ヶ月前 replyretweetfavorite