マスターコース的公演

歌舞伎の〈いま〉を知る!
市川海老蔵をとりまく舞台模様を中心に、見るべき役者、人間関係、注目の演目などを解説する歌舞伎読本『海老蔵を見る、歌舞伎を見る』(中川右介・著)。 本書の刊行を記念し、稀代の女形・坂東玉三郎のユニークなポジションを解説したパート「玉三郎スクール」を特別公開します。第4回は、2016年の玉三郎スクールについて。

児太郎への伝授

2016年の玉三郎は、前年に続いて歌舞伎座で一年を始め、昼の部は『茨木』、夜の部は鴈治郎の伊左衛門で『吉田屋』の夕霧に出た。

2月は博多座へ獅童と児太郎を連れていき、特別舞踊公演をした。『船辨慶(ふなべんけい)』では玉三郎が静御前・平知盛の霊 で、児太郎が源義経、獅童が武蔵坊弁慶だった。

続いて『正札附根元草摺(しょうふだつきくさずりびき)』は獅童の曽我五郎時致、児太郎の小林妹舞鶴、最後が児太郎との『二人藤娘』だった。

父・福助が歌右衛門襲名が決まりながらも病に倒れ、実質的に舞台上での後ろ楯を喪った児太郎を、玉三郎は前年から面倒を見るようになっていた。

七之助がかなり成長したので、その次の世代として児太郎を選んだのであろう。

吉野川マスターコース

2月の博多座以後、玉三郎は舞台に登場せず、九月になって前年同様に秀山祭に出演した。

しかし昼の部には出ず、夜の部で『妹背山婦女庭訓』の「吉野川」で太宰後室定高をつとめた。大判事清澄が吉右衛門で、久我之助清舟が染五郎、太宰息女雛鳥が菊之助という配役で、まさに吉右衛門と玉三郎が染五郎と菊之助に藝を伝授するマスターコース的な様相を呈した。

そのあと、染五郎と松緑の『らくだ』があり、玉三郎の『元禄花見踊』で打ち出しとなった。

10月の歌舞伎座は橋之助が八代目芝翫を襲名した月で、玉三郎は夜の部だけに出て、口上に出て、『藤娘』を舞った。

歌舞伎座が26日に千穐楽となると、玉三郎は九州、熊本県山鹿市にある八千代座へ飛び、29日から11月3日まで特別舞踊公演で、『秋の色種(いろくさ)』と『元禄花見踊』を舞った。

5人の道成寺

12月の歌舞伎座では、前年同様に若手を集め、獅童、松也、中車、勘九郎、七之助、梅枝、児太郎らが出た。これまでの歌舞伎座は8月が三部制だったが、この年は6月と12月も三部制となった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌舞伎の〈いま〉を知る! リアルタイム歌舞伎入門

この連載について

初回を読む
海老蔵を見る、歌舞伎を見る 特別編「玉三郎スクールとは何か」

中川右介

歌舞伎の〈いま〉を知る! 市川海老蔵をとりまく舞台模様を中心に、見るべき役者、人間関係、注目の演目などを解説する歌舞伎読本『海老蔵を見る、歌舞伎を見る』(中川右介・著)。本書の刊行を記念し、稀代の女形・坂東玉三郎のユニークなポジション...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suerene1 スターコース的公演 https://t.co/Yr41pXwaM5 5ヶ月前 replyretweetfavorite