その日の終わりに「復習」の時間を持つ

成功している人には共通点があります。それは「自分をよく知っている」ということ。どれくらい稼いで、どんな人と付き合い、どんな生活を送ることが自分にとって幸せなのか。それがわかれば、その幸福に近づくための行動を習慣化できます。ブロガー・作家のはあちゅうさんが、自分をよく知って夢をかなえる方法を解説します。第2回は、自分への取材の基本となる「日記」についてのお話です。

第1回では、夢をかなえるためには自分をよく知ること、すなわち自分に取材することが大切だということを書きました。第2回では、自分への取材の基本となる「日記」をつけることの大切さをお伝えしていきます。

くり返しの反復復習をしている人は強い

日記をつけるということは、その日の自分の行動や考えたこと、感じたことを振り返るということです。学校では授業中にノートをとるし、会社では会議の議事録をとりますよね。それをあとで見返すことで、学んだことや考えたことへの理解は深まっていきます。日記も同じことです。この「書いて見直す」習慣を、ふだんの暮らしの中では疎かにしている人のほうが多いのではないでしょうか。
人生は勉強ですし、一つの壮大なプロジェクトです。深い学びを得たり、いいプロジェクトにしたければ、いい勉強やいいプロジェクトを行うために必要なことと同じことをしてみてはいかがでしょうか。

学生時代、勉強で一番大切なのは復習でした。勉強が得意な人は、必ず復習をしているし、予習よりも復習に時間をかけますよね。そして、記憶を定着させ理解を深めるにはくり返しくり返し復習することが必要不可欠です。脳にはつねに新しい情報が入ってくるので、一度理解し、学んだことも翌日にはあっさり抜けていきます。だからこそ、くり返しの反復復習をしている人は強いのです。
この方法を人生に応用するなら、やるべきことは「1日の終わりにその日の復習の時間を持つ」ことではないでしょうか。

私は幸か不幸か、2歳のときから「将来は本を書く人になりたい」と言っていました。2歳のころの記憶はさすがになく、親からそう聞いているだけですが、9歳のときには明確に「作家になりたい」という意識がありました。そして、なれるかどうかはわからないけれど、もし夢が実現したときに困らないように、自分の生活を将来の自分のためにたくさん書き残しておかなくちゃ、と思っていたのです。そのころから日記をつけることが私の人生に欠かせない習慣になりました。
数十分話した人の顔と名前さえも翌日には忘れてしまう、悲しいくらいの記憶力のなさには当時から自覚があったので、小学生のころの話をいつか未来の自分が書きたいと思ったときに、手がかりを残しておかなくてはと思っていたのですね。料理の仕方は将来の自分が考えてくれると信じて、素材だけはたくさん残しておこうと、当時の日記には箇条書きのようにその日あったことや考えたことが綴られています。

今読み返すと意味のわからないことも多いのですが、当時悩んでいたことや気になる男の子の名前など、今の私の記憶からはすっぽりと抜け落ちていることばかりで、おもしろく読めます。

また、当時の私にとっては生きるか死ぬかの悩みのように思っていたことも、今の私はほとんど覚えていないことから、悩みというのはある程度時間が解決してくれるものだという学びも得られました。9歳の私が「いつか結婚したい」と書いている男の子の名前は日記を読むまで忘れていたし、今その人がどこで何をしているかは、今の私の人生にとってはさほど重要じゃないんですよね。

こんな風に過去の自分を見つめることが、今の自分の人生の充実や成長に気づかせてくれることもあります。日記というのは書いて終わりという人も多いと思うけれど、本当に大事なのは、「見返す」という作業ではないでしょうか。もちろん、日記を書くということはそれ自体が自分を見つめ返す時間になり、自分の人生を高めてくれると思うのですが、書くだけで終わらせずに読み返すと、2倍、3倍の効果があると思います。

日記は読み返すたびに新しい発見があります。最近、昭和の人の暮らしぶりを撮った写真がネットで話題になっているのを見かけました。イベントごとなど何もない、ただの生活風景です。でもそういったものほど、記録が残っていなくて貴重なんですよね。同じように、今の私たちが「こんなものは未来に残すほどでもないな」と思っているささいなことほど、時がたてばどんどんかけがえのない瞬間になっていくのだと思います。そしてそういったことを見返すたびに、日記という形で記録をつけていた自分に感謝することになるし、自分の成長を実感できると思うのです。

日記に何を書いたらいい?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
自分への取材が人生を変える

はあちゅう

成功している人には共通点があります。それは「自分をよく知っている」ということ。どれくらい稼いで、どんな人と付き合い、どんな生活を送ることが自分にとって幸せなのか。それがわかれば、その幸福に近づくための行動を習慣化できます。ブロガー・作...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Sinnichio cakesのはあちゅうさんの連載、サムネ画像が「はあちゅう感」なくて、スルーしてしまいそうになる。対談の方は顔が出てて分かりやすいけど。 先入観なくすためにはあちゅう感消そうと意図してるのかな? https://t.co/oXLVFx18fx 8ヶ月前 replyretweetfavorite

suna_michi すごくためになる、はあちゅうさんの記事。私の場合マイノートがその役割だな。本当、1日1日を大切にしたい。今になってやっと気づいたけど。 https://t.co/NWZ9NZKOVI 8ヶ月前 replyretweetfavorite

kimkim_1289 家に帰ると仕事カバンを開けたくなくなるあの症状は何だ…苦 8ヶ月前 replyretweetfavorite

akio00o 確かに何でも振り返りの時間が大切。 スポーツとかやってる人ならわかるけど、負けた後の反省会って本当に得るものが多いよね。 8ヶ月前 replyretweetfavorite