攻める睡眠 守る睡眠

第4回】最新脳科学で見えてきた 睡眠と覚醒のメカニズム

いまだ謎の多い睡眠について、最新脳科学の研究が進む。体内時計と睡眠負債を軸に、睡眠と覚醒の状態を決めるメカニズムに迫る。

 「人はなぜ眠るのか。実はそのメカニズムはよく分かっていない。解明できればノーベル賞ものだ」

 前出の柳沢教授によれば、われわれにとって身近な睡眠は、今もなお多くの謎に包まれている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
攻める睡眠 守る睡眠

週刊ダイヤモンド

睡眠とは何か。現代科学はこの問いに明快な答えを持っていない。しかし、近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明されてきた。今では、睡眠をおろそかにすると命に関わること、一方で、睡眠の質を高めれば日中のパフォーマンスが向...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kobat_jp 睡眠と覚醒の仕組みがわかりやすく図式化されています。是非ご一読を! / (cakes(ケイクス)) #NewsPicks https://t.co/8aUFj0mwvl 6ヶ月前 replyretweetfavorite