Q.何の本でしょう?→三島由紀夫がもっとも影響を受けた哲学書

読みたい1冊はすぐ見つかるけど、その次の1冊が見つからないって「本好きあるある」の1つですよね。というわけで本日は、『美しい星』、『死の棘』、『ヴィヨンの妻』の3つの「次の本」をご紹介します。【Kindle版発売開始】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦!

『美しい星』三島由紀夫
の次に読みたい3つの本

『太陽の黄金の林檎』レイ・ブラッドベリ
(早川書房)

三島由紀夫はどこかブラッドベリに通じるものがある。隠しきれない品の良さ、隠しきれないロマンチシズム、隠しきれない美意識、なのにそれをどこかで覆い隠そうとしているところ。中でも『太陽の黄金の林檎』はブラッドベリ初心者にもおすすめな短編集。本当に傑作揃いだし、最近、新装版も出て手に取りやすくなったし。

『エロティシズム』ジョルジュ・バタイユ
(筑摩書房)

三島由紀夫がもっとも影響を受けたというバタイユの哲学書。禁止を超えることの官能を説いた一冊。死と美を論じたバタイユ節は、『美しい星』を読むとよりわかりやすく理解できるはず。

『ひとにぎりの未来』星新一
(新潮社)

実は三島は「日本空飛ぶ円盤研究会」というUFO研究会を開催しており、その研究がこの『美しい星』にも生かされたのではないかと言われている(ほんとかよ)。ちなみに

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

Kindle版発売開始! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

人生を狂わす名著50

三宅香帆
ライツ社
2018-02-02

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

INCIDENTs_sep ほんとにこれ読むと読みたい本が次から次へと… 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk ▶︎cakes連載更新です! 『美しい星』『死の棘』『ヴィヨンの妻』の次に読みたい本をご紹介してます!! ど、どの本も好きっ…… https://t.co/ZFnRv6hlbo 11ヶ月前 replyretweetfavorite