大野智 まわりに流されながらも本当の夢を叶えた男

国民的人気を誇る嵐のリーダーとしてだけではなく、アートでも評価されている大野智さん。もともとの夢はイラストレーターでしたが、まわりに流されつつ、気づいたら嵐としてデビューしていたそうで――
紅白から、映画、ドラマ、バラエティ、ニュース番組まで幅広く活躍するジャニーズのタレントたちを支えるもの。〝誰でもいい〟状況から〝誰も代わりがきかない〟存在になっていった、ジャニーズタレントの努力に迫ります。

「人間、特別の才能とか、才能の差はないってこと。(中略)もともとの天才はいない。努力だったり、好きで極めたいと思って、それを貫き通した人が天才だと思う。」
(大野智,1980-)

アイドルは夢じゃなかった

 —アイドルになることが夢だったのですか?

「いや、全然。ジャニーズって歌って踊って、何だか大変そうだと思ってたから(笑)」

 こんな受け答えをしてしまっている大野智。小3のときから絵を描いていて、本当になりたかったものはイラストレーター。大野はジャニーズの中でも、当初「なんでこんなところに」の感覚を強くもっていて、他人に流されてきた時間も多い人です。

 しかし、ジャニーズアイドルとしての成功は言わずもがな、現在、きちんと自分のやりたいことができている人でもあります。

 自分が本当にやりたいことはわかっている。しかし、流されるまま、違う仕事に就いてしまった—。多くの人が抱える悩みでもありますが、大野はその状態から、与えられた仕事でも、自分のやりたいことでも、成果を出すところまで辿り着いた人。そこには、大きなヒントが隠されています。

 そんな大野の人生をまずは簡単に振り返ってみましょう。

流され大野の嵐になるまで

 94年、中学校2年生の時に、母親にジャニーズ事務所に履歴書を送られ、いやいやジャニーズ入り。

 しかし、それから5年間は「踊りを極める」という目標を自ら設定し、努力を重ねます。

 そんな折、高校を、入学3日目に校門の前で引き返すというかたちでやめています。そのことをジャニーさんに告げたところ、「じゃあ京都行く? 京都ならメインで踊れるよ」と誘われ、京都行きを決意。『KYOTOKYO』という舞台に出演します。

 しかし、この舞台は、約半年の公演期間中、京都で暮らさなければいけないのはもちろん、1日5回公演というハードスケジュール。さらに、1000人入る劇場で、お客さんが50人しかいないようなこともあったといいます。つらすぎて、フライングでつるされながら泣いていた日もあったという大野。

 それでも「生まれて初めて無我夢中になれた」というほど踊りには熱中でき、2年連続で京都での舞台を終えます。さらにその後、少年隊の舞台に出演した後、事務所を辞めようとし、ジャニーさんに直訴します。ですが、ジャニーさんに「レコーディングを手伝ってくれ」と呼ばれ、楽譜を見たら〝嵐〟〝大野ソロ〟と書かれていた……。というのが嵐になるまでの流れです。

「就職しちゃったんだ」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ジャニーズは努力が9割

霜田明寛

紅白歌合戦の司会を担当し続け、映画やドラマに出れば、ヒットを飛ばす、日本の芸能界を代表するジャニーズのタレントたち。しかし、彼らはもともと才能があって生まれてきた人たちではありません。「才能」と呼ばれるものは、天から授かるものではなく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

holexviolet https://t.co/oqu9IyKqzs 8ヶ月前 replyretweetfavorite

happy3104life https://t.co/lvs6edBKIb 8ヶ月前 replyretweetfavorite

sahya8 今、目の前の自分の状況を〝準備〟や〝下積み〟だと捉えると辛い時間です。しかし、こう捉えることもできます。〝好きなことを必死にやっていた時間〟が積み重なり、夢が実現したとき、結果的にそれまでの時間は〝準備〟になる。by https://t.co/hpcE61DYGL 8ヶ月前 replyretweetfavorite