自分に満足できない人でも、デカルト的思考で生まれ変われる!

「ある習慣」を手に入れることができたら、生活スタイルが大きく変わる。しかも、生まれ変わると言っても構わないくらいに。そんなことが本当に可能なのでしょうか? 『デカルトの憂鬱』には、その答えが記されています!

02 デカルトはときどき「誤る」_2

「意志」という名の「ブレーキ」

 判断ミスを回避するには、もちろん判断材料について前もって「十分に」知っておくことがとても重要です。『哲学の原理』の第一部第三三項では次のように述べられています。

「肯定または否定すべきだと明晰かつ判明に覚知されたことだけを肯定または否定するのであれば、誤ることはない」

 当たり前と言えば当たり前の話です。しかし、そう簡単に問屋は卸さない。そもそも私たちの知性は全知全能の神と違って有限なので、いつも「明晰かつ判明」な知識が事物について得られるとは限らないからです。

 そうなると、言わば苦肉の策というか次善の策に打って出る必要があります。デカルトはそれを「第四省察」のなかで次のように説明しています。

「事物の真理の明らかでない時は、そのつど判断を下すのを差し控えなければならないことを思い起こす―そうすることによってのみ、誤りを差し止めることができる」

 つまり、判断しなければならないことについて「明晰かつ判明に」知られていないあいだは判断を下すのをいったん中断せよ、というアドバイスです。

 ところで、このアドバイスには少なくとも二つの注意点があるように思われます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
デカルトの憂鬱

津崎良典

悩みや心配、悲しみ、怒り、憎しみ……そんな「マイナスの感情を確実に乗り越えられる方法」はあるでしょうか? あの「我思う、ゆえに我在り」であまりにも有名な近代哲学の祖・デカルトが、私たちに降りかかるマイナスの状況にいかに対峙すべきか、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hkc_27 #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite