適職探しもパートナー探しも 「トライ・アンド・エラー」が当り前。

「転職」しなければ、「天職」には出合えない、という話を以前しました。恋人探しや、結婚も同じです。社会がどんどん複雑化して、未来になにが起きるかわからなくなると、「一発勝負型」の人生戦略はうまくいきません。では、どうしたらいいのでしょうか? 話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。


新しい働き方と生き方

『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)

恋人探しは適職探しと同じ

 男と女が生まれつきちがっているとしたら、自分のことを「わかってもらう」とか、相手のことを「わかる」というのは、ぜったいに無理とはいわないものの、ものすごくむずかしいでしょう。
「愛というのは、好きなひととわかりあうことだ」と思っていると、そのうちうまくいかなくなります。

 あなたから見て、彼氏はときどき理解できないことをいったりやったりします。そして彼氏も、あなたに対して同じことを思っています。「なんでわかってくれないの」と怒っても、彼氏はぽかんとした顔をするだけです。
 でもこれは、「どうせうまくいかないから、あきらめたほうがいい」ということではありません。愛し合うというのは、お互いにわりあえないという前提で、それでもわかりあおうとすることなのでしょう。

 そうはいっても、相性というのはやっぱりあります。「長くつき合える」相手を、どうやって見つければいいのでしょうか。

 ここでがっかりするかもしれませんが、ドラマやライトノベルで描かれるような「運命の恋」はたいていうまくいきません。
 アメリカの研究ですが、たくさんのカップルを調べると、「旅先で出会って恋に落ちた」ドラマチックなカップルは、高い確率で破綻していました。だったらどういうカップルがうまくいくかというと、「親や友だちに紹介された」ケースです。

 これは、適職を探すのと同じ話です。そのポイントは、「自分では自分のことはわからない」でした。適職(天職)というのは、まわりのひとたちが「スゴいね」とか「君がいてくれて助かったよ」とほめてくれる仕事で、だからこそ好きになるのです。

 恋愛もそれと同じで、あなたひとりが「運命のひとと出会った」と盛り上がっていても、まわりのみんなは「なんであんなダメ男に引っかかったの?」と思っているかもしれません。そしてほとんど場合、友人たちの評価のほうが正しいのです。
 なぜ紹介がうまくいくかは、次のように説明することもできます。

偶然出会った男性が自分にぴったりの可能性は、たまたま買った宝くじが当たるようなものです。それに対して友だちの紹介は、「あのふたり、なんかお似合いだよね」とか、「オレの友だち、君の親友にぴったりだと思うんだけど」などという感じで、周囲がそれとなく勧めたり、出会いの場を用意したりします。この場合は、うまくいきそうな組み合わせを選んでいるのですから、当たりくじがたくさん入っているようなものなのです。—とはいえ、「かならず当たる」わけではありませんが。

出産と結婚がセットの日本

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これまでの価値観ではうまくいかない!

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "「カジュアル結婚」が当たり前になったフランスでは、子どもができたあとでも、お互いの関係がうまくいかなくなったり、好きなひとが..." https://t.co/RxXkTdAXAr https://t.co/emrwWlQjtH #drip_app 2年以上前 replyretweetfavorite