好きな人と結婚したいなら、こう言うべき。男と女のプロポーズ講座。

「結婚したらあなたに尽くすわ」。一昔前なら当たり前だった婚活の常識が、いまやまったく通用しなくなっています。男性が結婚に何を望んでいるかを考えれば、それは明らかです。では、好きな女の子と結婚したい男性は、何をアピールすればいいのでしょうか。話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。


新しい結婚について考えてみよう
『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)


賢い女子は共働きをアピール

 日本では未婚女性の3割が「専業主婦になりたい」と考えているといいます。高収入の夫をゲットして「理想の主婦」になれるのはそのうちのごく一部ですが、こうして、「専業主婦になった女は“勝ち犬”」といわれるようになりました。

 でも、結婚は相手がいなければできません。そして、男が結婚になにを望んでいるかを考えると、「わたし、結婚したらあなたにつくすから」という“専業主婦戦略”の婚活がうまくいかない理由がわかります。

「わたしと結婚して」と迫られたとき、男がまず考えるのは次の2つです。

(1)ただでさえ給料が安いのに、これで「妻子を養え」とか冗談じゃない

(2)自分で稼いだお金は、これまでどおり好きなように使いたい

 そんな男子と結婚するためには、「共働きでわたしの収入も加えれば、いまよりずっと楽しく暮らせるよ!」と提案しなければなりません。

 婚活に失敗して独身のまま中年になり、実家暮らしをつづけている女性の急増が深刻な問題になっています。彼女たちの失敗の原因がどこにあったのかは、いまでは明らかです。「専業主婦になりたい!!(わたし、2億円のお金持ちチケットを捨てようと思ってるの)」は、かんぜんな逆効果なのです。

 一方、「ぼくと結婚してください」といわれたとき、女性がまず考えるのは次の4つです。

(1)自由がなくなる

(2)仕事のキャリアが途切れる

(3)これまでのように友だちとつき合えなくなる

(4)家族とも気軽に会えなくなる

 だとすれば、憧れの女の子と結婚したい男性は、「仕事だってつづけられるし、家事もちゃんと分担するから、結婚や出産で失うものよりも楽しいことのほうがぜったい多いよ!」と提案しなくてはなりません。

 これからは、こういう賢い男女がカップルになって、幸福な家庭をつくっていくのでしょう。

「同類婚」が増えていく

 男性が、自分よりも学歴や収入の低い女性との「下方婚」を好むのはまちがいありません。しかしこれは、「バカでかわいい女がモテる」ということではありません。

「賢い」というのは「ずる賢い」ということでもあります(もっともこれは、女性も同じでしょうけど)。「賢い男子」は、自分がはたらいて2億円よぶんに稼ぐよりも、「2億円のお金持ちチケット」をもった女性と結婚したほうが、はるかに手っ取り早く“お金持ち”になれることをちゃんとわかっていますから、「バカでかわいいだけの女」をセフレとして使い倒すことはあっても、結婚しようとは思わないのです。

 しかし、「おバカな女子」が選ばれない理由はこれだけではありません。いちばんは「話が合わなくてつまらない」ことです。

 高学歴で一流企業に勤める“ハイスペック男子”は、家に帰って、ワイドショーでやっていた芸能人の不倫騒動について妻と話したいなんてぜんぜん思っていません。政治や経済の高尚な議論をしたいわけではないでしょうが、自分が興味や関心のある話題で、お互いの意見が一致していることを確認したり、「えっ、そんな考え方をするんだ」と驚いたりするやりとりが楽しいのです。
これを「同類婚」といいます。

 そんな相手として相応しいのは、自分と同じ学歴か、ちょっと低いくらいの女性です。学歴の高い女性を避けることはあるでしょうが(男はプライドの生き物なのです)、それよりもっと避けるのは、趣味も興味もぜんぜんちがう「おバカな女」です。

 ついでにいっておくと、「エリートの夫が会社のキャリアウーマンと不倫する」という定番のパターンは、これが理由です。家に帰っても子どもとママ友と芸能人の話ではぜんぜん楽しくありませんが、会社のハイスペック女子とは共通の話題がいろいろあるのでずっと面白いのです(これはエリートの妻と男性の同僚でも同じでしょう)。

アメリカ社会の二極分化

「同類婚」は、日本だけでなく欧米の先進国ではどこも急速に広がっています。アメリカではこの種の詳細な調査が行なわれていますが、それによれば、大卒の白人男性は高卒の白人女性とは結婚しません(たとえ元チアガールでも)。それよりも、自分と同じくらいの大学を出た、黒人やアジア系の女性と結婚しているのです。これは女性も同じで、人種より学歴を優先するのは、「これからずっといっしょに暮らすことを考えれば、趣味や話が合うのがいちばん」と思っているからです。

 こうして同類婚が進んだ結果、アメリカ社会はいまでは、「(大卒の)エリート階級」と「(高卒や高校中退の)ワーキングクラス階級」に見事に二極化してしまいました。同じことはすでに日本でも起きているし、これからますます進んでいくでしょう。

「賢い男子」に選ばれたいと思ったら、「賢い女子」にならなければなりません。もちろんこれは、「学歴が高くないと結婚できない」ということではありませんが、「昼間からワイドショーを見てぶらぶら暮らす」ことを夢見ているようでは相手にされないのは当たり前です。

いま結婚に何が起きているか

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_hk_mh_ma 賢くないからこの手の本に踊らされて夢を見るんじゃない? 3日前 replyretweetfavorite

happy_dust この本妙に売れてるから気になって記事読んだのだけど「専業主婦になると勝ち犬と呼ばれる世の中だから、専業主婦志望で婚活してる女が多い」という前提で話が進んでて、いつの時代の話してるの……?と思った 3日前 replyretweetfavorite

tjmlab 「「仕事だってつづけられるし、家事もちゃんと分担するから、結婚や出産で失うものよりも楽しいことのほうがぜったい多いよ!」」 ふむむ https://t.co/AeNcxA53Tl 3日前 replyretweetfavorite

hujina_a The person without experience of the marriage should not write an article about the marriage. https://t.co/UCt7rp7jaF 3日前 replyretweetfavorite