男にとっても女にとっても、コスパが悪すぎる結婚の真実。

時代と共にどんどん変わる、結婚のメリットと独身のメリット。さて、現状はどうなっているのでしょう。データを見ると、男性と女性では、考えていることがまるで違うことがわかります。利害がこれほどまでに食いちがっているのですから、そもそも結婚する男女がいるほうが不思議なくらいです。話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。

新しい結婚について考えてみよう

『専業主婦は2億円損をする』

結婚の利点と独身の利点

 前回は、収入に関係なく、結婚する人はする、という話をしました。

「男性でも年収300万円から結婚できる」というのはいい話ですが、しかしこれは「いつの時代でも、結婚したい男女はそこそこの条件で結婚していく」というだけのことですから、未婚率が急上昇している謎は解けません。その理由を知るためには、「結婚はそのうちしたいけど、いまのままでもいいかな」と思っている広大な“グレイゾーン”でなにが起きているのかを調べなければなりません。

 『超ソロ社会』の著者、荒川和久さんは、1987年から2015年までのデータで、独身の男女が「結婚の利点」と「独身の利点」をどう考えているかを比較することでこの謎を解きました。

 女性にとっての「結婚の利点」は、1980年代からずっと「子どもや家族をもてる」がダントツの1位でした。ところが近年になって、「経済的余裕がもてる」が大きく伸びて、いまではほとんど変わらなくなっています。

 その一方で女性にとっての「独身の利点」は「行動や生き方が自由」「広い友人関係を保ちやすい」「現在の家族との関係が保てる」「職場をもち社会との関係が保てる」がほぼ同じくらいです。時系列では、かつては「友人関係」が女性にとって独身の最大の利点でしたが、これが大きく下がって、「自由な生き方」が重視されるようになったのが目立ちます。

 ここまで読んで、「なんだ、やっぱり女はカネじゃないか」と思うかもしれません。たしかにそう解釈することもできますが、これはいまの日本社会で女性が結婚をどのようにとらえているかをとてもよく示しています。

 すなわち女性にとっての結婚(およびそれにつづく出産)とは、①自由を失い、②友人と疎遠になり、③家族とのつき合いが減り、④仕事ができなくなる、という「四重の損失」なのです。

 そしてこの損失は、たんに「家族がもてる」ということだけで埋め合わせることができません。そこで、「経済的余裕」が結婚の条件として浮上してくるのです。

 これで、高収入でやりがいのある仕事をしている女性が結婚しない理由もわかります。

 いまの時代は「自由」や「自己実現」がとても大切な価値になったので、経済的な不安のない“ハイスペック女子”にとっては、結婚・出産による損失が大きすぎてとうてい割が合わないのです。

妻子を養うのはもうツラい

 それに対して独身男性はなにを求めているかというと、こちらもかなり興味深い結果になっています。

 まず、男性にとっての「結婚の利点」は、「社会的な信用や対等な関係が得られる」と「生活上便利になる」の2つが主ですが、これが時代とともに大きく減っているのが目立ちます。かつては男性にとって、「一家を構えて一人前」という世間の圧力が大きな負担になっていたのですが、いまでは「生涯独身貴族」も珍しくなくなりました。それと同時に、「結婚すれば妻が面倒なことをぜんぶやってくれる」と考える男が減ったことは、女性にとっては朗報でしょう。

 これに「精神的安らぎの場が得られる」「性的な充足感が得られる」を加えた4つが、男性が結婚に期待することです。

 それに対して、独身男性の利点は「家族扶養の責任がなく気楽」「金銭的に裕福」の2つがダントツで、「金銭的に裕福」は時代とともに大きく伸びています。「異性との交際が自由」というのもありますが、こちらはその重要度が下がっています。

 ここから、男性がなぜ結婚にちゅうちょするのか、その理由がわかります。それは、「妻や子どもを扶養する経済的な責任が重く、自分のお金が自由に使えなくなるから」なのです。

 そう考えれば、なぜ未婚率が急上昇しているか、その理由は明らかでしょう。

 独身女性は、結婚によって失うもの(自由、キャリア、友だちなど)が大きすぎるため、経済的な安定という代償がなければ割が合わないと考えています。

 独身男性は、家族を扶養する重い責任を負って、わずかなこづかいで暮らすようになるのなら、このまま独身生活をつづけたほうがいいと思っています。

 男と女の利害がこれほどまでに食いちがっているのですから、そもそも結婚する男女がいるほうが不思議なくらいです。時代とともに、結婚はますます「コスパ」が悪くなっているのです。

幸せな結婚生活を送るには

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kensaku_Okada 結婚は、結局金であるという話でした草。 5日前 replyretweetfavorite

hqba 近年、結婚をコスパで捉える動きが活発化している印象がある(e.x.https://t.co/FAwf7AxvGa:(注)この記事で引用されている本では結婚観に対する主観アンケートと結婚率の低下等の客観データを結び付けている)。個人… https://t.co/uJhVc90BtP 5日前 replyretweetfavorite

taizona 専業主婦は2億円損をする | 橘玲 | cakes https://t.co/jIqRikerAi https://t.co/ugDJ198yqt 5日前 replyretweetfavorite

hirokichi_co お小遣い制を廃止すればそれなりに楽しいよ。 5日前 replyretweetfavorite