上司への根回しが必須!会議の鉄則【後編】

会議で失敗してしまった瑠雨図(るうず)さん。ずんずん先生から「会議は始まる前から終わっている」と意味深なことを言われ困惑する瑠雨図さんでしたが、果たしてその真意とは……? 押さえておくべき会議の2つの種類についてもお教えします。


NO MORE 長い会議!

なんのためにこんな長い会議するんだよ……。

と、会議中舌打ちをしたくなったことってありませんか? 舌打ちはしないまでも、会議のファシリテーターに対する信頼はダダ下がりになりますよね。

せっかく参加者に時間を取ってもらうのですから、有意義な生産性のあるものにしたいと考えるのは当たり前のことです。

会議には2種類あって、一つは意思決定を求める会議、もう一つはアイディアを出す会議です。

後者のアイディアを出す会議は、上司といった偉い人を出席させる必要は、基本的にはありません。

しかし、前者の意思決定を求める会議は、上司やさらに上の人にも出席してもらうため、あることが必要になります。

それは根回しです。

会議は始まる前から、終着点を用意しておかなければいけないのです。

そして、その終着点に対して、前もって上司に合意を得ておかなければいけません。

上司の合意を得てないのに、会議で突っ走ってしまうと、上司は

『こいつ……なに勝手なこと言ってるんだよ……』

と心の中で憤怒し、会議中あなたが不利な立場になっても、きっと助け船を出してくれないでしょう。

そのために、根回しが必要になります。

根回しといっても、黄金色のお菓子を袖の下として渡すとかそんなことをする必要はありません。そういうことが必要な職種の方は、至急ご連絡ください。

会議の前に、「こういうことを会議で話そうと思うんですが、◯◯さん(上司)はどう思いますか? ご意見お聞かせください。」と聞いてみるのです。上司の上司といった上の人が参加する会議では、特にこの流れが必要になります。

すると上司は、「よしよしこいつよくわかっておる」といった具合に、どういった流れの会議にしたいか意見を言ってくれるでしょう。それをくみ取った会議の進行にすれば、上司もご満悦なはずです。

つまり、会議って、始まる前からどういう流れにしてどういう結果になるかの、シュミレーションが大切になるのです。

これをしなければ、無手無策の全裸で街をウォーキングするようなものなので、お気を付けください。


瑠雨図さん「全裸で町をウォーキング……」

瑠雨図さんはずんずん先生のレポートを読んで、そうつぶやきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

catscafemocha 会議とは予定調和よ 3ヶ月前 replyretweetfavorite