海外の雇用、日本の雇用【第2回】「ジョブ型採用」だから正社員と派遣社員、契約社員の間の差別がない

日本では個人が会社を訴えるなんてこと滅多にありませんが、どうやらヨーロッパでは日常茶飯事のようです。雇う方も、雇われる方も「訴えて当たり前」の社会から見えて来る、日本社会の問題点とは?

前回のコラムでは、「ジョブ型雇用」のキモになるのはジョブディスクリプション(JD: 職務記述書)だと説明しました。さてこのJDでありますが、日本で何年か前から大きな問題になっている「同職種同一賃金」にも関わってきます。イギリスも大陸欧州も、基本的に「同職種同一賃金」です。同じ組織の中で、同じような仕事をしている人がいる場合、雇用形態に関わらず、同じ賃金ではないと、会社側は働く人に訴えられてしまいます。欧州では働く人は「働いてやってるぞ!」という意識なので、会社を訴えて当たり前であります。いいですか、重要なことなので繰り返します。「訴えて当たり前」です。

大陸欧州だとちょっとおとなしいわけですが、イギリスだと会社のアラを探して訴訟の機会を狙っている人もおります。莫大な賠償金をゲットしてさっさと引退するわけです。特に金融街シティはそういう方がおります。マインドが狩人です。羊飼いに買われている羊ではないのです。そういう方は、やり手の人事系に強い弁護士と仲良くしております。裁判に勝てば弁護士さんも儲かりますからね。顔では笑っていても、「どっかにアラがないかしらね?オホホホ」と獲物を狙っているわけです。雇う方、雇われる方、お互い化かしあいの世界ですから気が抜けません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi "つまりですね、こういうルールがちゃんと整わない限りは、働く人がいくら「酷い酷い」と吠えても無駄な努力だ、というわけなのです。" 「ジョブ型採用」だから正社員と派遣社員、契約社員の間の差別がない|May_Roma|cakes http://t.co/1wCB9NLHZL 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "仕事する人、頼む人、お互いが「誰さんが何をどういう風にやる。いくら払う」ときちんと文書化して、同じ条件の人なら同じお金をもらうという「商取引の常識」を徹底しない限りは、非正規雇用の方々の悲惨な待遇というのは改善されない" http://t.co/1wCB9NLHZL 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "欧州では働く人は「働いてやってるぞ!」という意識なので、会社を訴えて当たり前であります。いいですか、重要なことなので繰り返します。「訴えて当たり前」です。" |May_Roma|cakes http://t.co/1wCB9NLHZL 約5年前 replyretweetfavorite