会社を続けるか?やめるか?人生の悩みはファイナンスが教えてくれる

企業価値の算出方法を学び、会社の値段もわかった女子高生社長。買収提案の返事を決断した。そして、もう一つの難題である「人生の決断」にも、ファイナンスを使って挑もうとしていた―― 平凡な女子高生が、青春を賭けて、出版社立て直しに挑む。ビジネス教養が一気に学べる、疾走感満載のビジネス小説、最終話!!

エピローグ

昼下がりの三毛猫茶房。美鈴は御園が作成した資料をカウンターの上に広げた。御園が計算した森下書房の「企業価値」は2億2000万円。TAIYO出版が提示してきた買収額より少し上回っていたが、「買収額は妥当な数字」というのが、御園の意見だった。

「この数字は、ファイナンス的な観点からは買収に応じても損はしない、ということね」

「理論上はそうなります」石島は表情を変えることなく答えた。

「石島さん、どうしたらいいと思う?」

「……」

石島は何も答えずに、グラスを磨いていた。

「わかってるよ。自分で決めなさいってことでしょ」

石島はうなずいてから、静かに口を開いた。

「ファイナンスは経営判断のモノサシになってくれます。これまで見えていなかったものを数字で示してくれる。ただ、その数字をもとに最後に決断をするのは経営者自身です」

「うん、たしかにファイナンスは、会社を強くして継続させる方法を示してくれた。でも、1年間社長をやってみてわかったことは、人生も経営も数字だけでは測れないってこと。営業や編集のみんなと知恵を出し合って、本をつくって売るという経験は、私の人生にとって大切なものだった。パパが生んで育ててきた会社を守り抜きたい、という私の想いも数字で片づけることはできない」

「大切なのはあくまでファイナンスを武器に経営をすることです。ファイナンスそのものが目的になってはいけません」

「お父さんが私のためにつくってくれた『星の王子さま』に、こんな一節があるの」


〈大切なことは、目に見えない〉


「私たちが見ているのは、目に見えている数字に過ぎず、本当に大切なものは、目に見えない何かじゃないかって。最終的にはハートで見て判断しなくてはいけないと思う」

「どうやら結論は出ているようですね」

「うん、買収の話は断るよ。森下書房はもっといい本をつくって、もっといい会社になれるはず!」

「美鈴社長のご判断は、素晴らしいと思います」

そういって、石島は眼鏡を人差し指でクイッと持ち上げた。

「ありがとう、石島さん。ついでにもうひとつ夏休みの宿題を手伝ってもらいたいんだけど」

「まだ、あるんですか?」

「私、進路のことで悩んでいて」

「そういえば、社長はまだ高校生でしたね。忘れていました」

「これでも現役JKなんだから!」

美鈴は口をとがらせた。

「失礼しました」

「森下書房の経営をするのも楽しいんだけど、大学にも行って勉強したい気持ちもあるの。経営やファイナンスの理論をもっと専門的に勉強してみたいって。それを将来、森下書房の経営に活かすことができれば、ムダにはならないと思う。あれもこれもって欲張りすぎかな」

「若いんですから、どんどん欲張っていいんですよ」

「で、ファイナンス的には、どうするのが正解なのか、教えてほしいの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

楠木建教授、推薦! 会社の数字が読むだけでわかるビジネス小説

この連載について

初回を読む
女子高生社長、ファイナンスを学ぶ

石野雄一

小さな出版社の社長だった父の突然の訃報。 あとを継ぎ、社長に就任した女子高生の美鈴。 しかし会社は倒産寸前。銀行への返済期限は3ヵ月。 「出版不況」「返品の山」「使えない編集者」。 次々と難題が襲い掛かる。途方に暮れる彼女の前に 現れ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chocolate0731 とうとう終わってしまった(^p^)でも、面白かったので今度本買おうかな。→ 2年以上前 replyretweetfavorite