会社が買収されると社員は一体どうなるの?

ベストセラー作家の新作原稿を手にした女子高生社長。出版された本は飛ぶように売れる!ついに資金繰りの悩みから解放!と思いきや、女子高生を待ち構えていたのは、最後にして最大の難問だった―― 平凡な女子高生が、青春を賭けて、出版社立て直しに挑む。ビジネス教養が一気に学べる、疾走感満載のビジネス小説、第24回!

会社の値段はいくら?

「三本木先生の新作、またもや重版がかかりました。とうとう50万部突破です!」

営業部長の早瀬は、月曜日の全体朝礼で、弾んだ声で発表した。社員からは拍手が起きて、社内は幸せムードに包まれていた。

昨日、美鈴は高校3年の夏休みに入った。美鈴が社長に就任してからおよそ1年が経つことになる。三本木竜彦の新作が大ベストセラーになった効果もあって、売上・利益・キャッシュの面でも森下書房は見事なV字回復を遂げていた。

同時に、ファイナンスの観点からキャッシュを残すための対策をしてきたこともあり、資金繰りも大幅に改善していた。

「倒産するかもしれない」と冷や冷やしていたのが、遠い過去の話であるかのようにほとんどの社員が感じていた。

しかし朝礼でみんなが笑顔を見せる中、ただ一人、美鈴だけは笑顔が引きつっていた。

というのも、朝礼前に御園から呼び出され、思いもよらぬ話を聞かされていたからだ。

〈何が正解なのだろう……〉

大きな夏休みの宿題を抱えた美鈴の頭の中には、自然と石島の顔が浮かんでいた。

「いらっしゃいませ。久しぶりですね」

「期末試験と会社の仕事の両立が大変だったからね」

石島が出迎えてくれた三毛猫茶房は、3カ月前と何も変わっていなかった。変わったことといえば、白猫のシロが寝ている位置が、イスからテーブルの上に変わったことぐらいだろうか。

一時期、猫カフェへのリニューアルも石島は真面目に検討していたようだが、今の三毛猫茶房の雰囲気が美鈴は好きだった。なにより、父のお気に入りの場所が残ってくれたことがうれしかった。

美鈴は席に着くと、メニューを見ることなくメロンソーダを注文した。

「クリームソーダを頼むということは、煮詰まっているということですね」

石島はお見通しだ。

「そうなの。実はミソじいから、とんでもなくむずかしい夏休みの宿題を出されちゃったの」

「経営に関する宿題ですか?」

「実は、買収の話が来ているの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

楠木建教授、推薦! 会社の数字が読むだけでわかるビジネス小説

この連載について

初回を読む
女子高生社長、ファイナンスを学ぶ

石野雄一

小さな出版社の社長だった父の突然の訃報。 あとを継ぎ、社長に就任した女子高生の美鈴。 しかし会社は倒産寸前。銀行への返済期限は3ヵ月。 「出版不況」「返品の山」「使えない編集者」。 次々と難題が襲い掛かる。途方に暮れる彼女の前に 現れ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite