​肌も触れたくない女

毎日通勤や通学で満員電車に揺られている人は多いと思います。満員電車では、どうしても身体が当たってしまうのを避けようがありません。今回の「ワイングラスのむこう側」はそんな、知らない人同士が触れ合う状態から、セックスについて考えます。

満員電車の中で身体がくっつくのも嫌な人

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

通勤や通学で、満員電車に乗らなければいけないという人は少なくないと思います。満員電車では、嫌でも誰かと身体が触れ合うことになります。そんな時、どうしてもこういう人に触れられるのは耐えられない、と思ってしまうことはありませんか?

例えば、脂ぎったおじさん。あるいはおばさん。汚いファッションをした若者など、人によって色々あると思います。これ、僕が昔本で読んだあるアメリカの大学の実験よると、男女問わずどんな年齢の人でも、「より若い女性と身体をくっつけたい」と感じて、「より年をとってる男性とは身体をくっつけたくない」と感じるそうです。

まあ考えてみたら当然ですよね。老人と若者であれば若者のほうがいいだろうし、男と女だったら女の人のほうがいいと思う気がします。だから、おじさんもおばさんも、女子高生もおじいちゃんも、みんな「若い女性」と身体をくっつけたくて、みんな脂ぎった臭そうな「中年男性」なんかとはくっつけたくないですよね。僕だってそうです。こういう感覚ってどうしようもないです。「男女の非対称性」とも呼ばれるそうですが、人間はこう感じるようにできているんでしょう。

さて、ここからがポイントなのですが、僕が満員電車で若い女性と身体がくっついてしまったとします。僕がどう感じるかはさておき、彼女は「うわ、最悪、なんでこんなおっさんと身体をくっつけなきゃいけないの」って感じています。もうそれは仕方がありません。多くの女性にとって、男性って「基本的に気持ち悪い」んだと思います。

女性は心でセックスする
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ume_pon 若い女性は両性の全世代から肌のふれあいを求められると捉えると、そりゃ大変だわ。 / 男女問わずどんな年齢の人でも、「より若い女性と身体をくっつけたい」と感じて、「より年をとってる男性とは身体をくっつけたくない」と感じる https://t.co/5T0KETxLsc 3ヶ月前 replyretweetfavorite

taizona 肌も触れたくない女 | ワイングラスのむこう側 | 林伸次 | cakes https://t.co/qNGG6kQtp9 https://t.co/ZbBalTjCgu 3ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 肌も触れたくない女|林伸次 @bar_bossa | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ikb 肌も触れたくない女|林伸次 @bar_bossa | そういう状況だと、わたしも、「ごめんなさいね、できるだけ離れます。努力します」って、とにかく離れようとす… https://t.co/AvxdEHro3V 4ヶ月前 replyretweetfavorite