仕事と自由

第1回】自由に働くという生き方の選択肢

株式会社paperboy&co.の創業者であり、JASDAQ最年少上場社長としても知られる起業家・クリエイターの家入一真さん。現在、普段は別の仕事を持つメンバーが集まり、共同で自分たちの作りたいものを作るモノづくり集団「Liverty」を立ち上げ、リアルやネットを問わず新しいビジネスやウェブサービスを創り続けている。今回は『仕事と自由』と銘打ち、自由な働き方と生き方、独自の組織論、常識を疑って生きていくスタンスについて、熱く語ってもらった。(聞き手・イケダハヤト)

家入一真、大いに語る

—本日はどうぞよろしくお願いします。

家入 こちらこそ、よろしくお願いします。僕、だらだら喋ってまとまりがないかもしれませんがいいですか(笑)?

—もちろん大丈夫です! 本日は家入さんの最近の活動や、新しいビジネスやウェブサービスを手がけるLivertyについて、それに伴う新しいライフスタイルといった考えを中心にお話を伺いたいと思います。

家入 はい、わかりました。

—では、早速ですが、まずはLiverty(※家入さんが代表を務めるモノづくり集団。「自由」「解放」=「Liberty」と「生き方」=「Live」の意味を込めて組み合わせた造語)設立の経緯をお聞かせください。よく聞かれることだと思いますが。

家入 そうですね……どこから話せばいいかな。実は、最初からLivertyという組織があったわけではないんです。もともとは僕個人で思いついたことや作ってみたい何かがあったときに、デザインやシステムの開発で「やりたい」と手を挙げてくれる人たちがいて、彼らと一緒にものを作っていたのがスタートでしたね。つまり、個々のプロジェクトを実現するための過程で立ちあがった組織なんですよね。

—なるほど、そうなんですか。お金で雇ったわけではないんですか?

家入 はい、給料を払って働いてもらうという発想ではないんですよ。単に仕事を発注するわけではなくて、完成したものやサービスで利益が出たら、それを働きに応じて分配しましょうという、ゆるいつながりです。雇用と被雇用の関係ではなく、純粋にお互いがお互いのメリットを感じて一緒に働く関係だったというわけです。たしかに、ちょっと変わった組織だと思います(笑)。

—なるほど。でも、どうしてそんな組織を始めようと思われたんですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

仕事と自由

家入一真

株式会社paperboy&co.の創業者であり、JASDAQ最年少上場社長としても知られる起業家・クリエイターの家入一真さん。現在、普段は別の仕事を持つメンバーが集まり、共同で自分たちの作りたいものを作るモノづくり集団「Liverty...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード