谷川俊太郎「日本語という土壌に根を下ろす」

【第4回】母親に百パーセント愛された自覚をもつという谷川さん。それがその後、非常に生きやすい自分を作ってくれたと言います。詩でも自分の恨みつらみを書くことはなく、むしろ他者との関わり方の、一つの道具として詩を考えていた――(聞き手・ロバート キャンベル)
 ※本インタヴューでは自身が代表作を3点選び、それらを軸にして創作活動の歴史を振り返る。「二十億光年の孤独」(『二十億光年の孤独』1952)、「あなた」(『みみをすます』1982)、「さようなら」(『私』2007)。

日本語という豊かな土壌に根を下ろす

ロバート キャンベル(以下、キャンベル) 「一人っ子である」ことについて何度か言ってくださったんですけれども、「詩人を目指す、詩人になる、詩人であり続ける」ことはかなり内向的な取り組みで、自らを俯瞰することがないと、たぶんできないと思います。

同時に、それは言葉を紡いでは送り出すという循環のなかにいることですね。多くの詩人がそうした自らの営みを語るときに、「自己表現」という言い方をすると思います。谷川さんは、そのあたりはいかがでしょうか。

谷川俊太郎(以下、谷川) 僕は母親に百パーセント愛されたという自覚が本当にあるんですね。だから非常に安定した幼年時代を送っていて、それがその後、非常に生きやすい自分を作ってくれたと思っているんですよ。

戦後の若い人たちは、みんないろいろな傷を持っていたり、左翼系な人たちも多くて、日本を変えていかなきゃいけないみたいなことを考えている人たちがいっぱいいたんですけど、僕はわりと自分に自足していたと言うのかな。

だから、自分の恨みつらみみたいなものを書くということは一切なかったんですね。それが自分の内面になかったから。でも周囲の友だちを見ていると、自分の内面の相当深いところの恨みつらみを、どうにか言葉にしようとしている詩人たちが多かった。

その頃は比較できなかったんだけど、いまになってみると自分はやはりそんなに自己表現ということで詩を書いていなかった。むしろ他者との関わり方の、何か一つの道具みたいな形で詩を考えていたのかなと思います。

キャンベル そうすると、いま読んでくださった詩が、本当にそのまま詩人としての谷川さんの姿をあらわしているのですね。

谷川 そうかもしれません。

キャンベル 人との関わりで内面的に大きな違和感や挫折というものもなく育ち、そして詩人となって、60年代から70年代には少しスランプと言いましょうか、書きづらい時代もあったり、それから私生活においては結婚と離婚を繰り返し、そのなかでさまざまな経験をなさったと思います。

そうした生活のなかから詩を作っていく肥やし、「肥やし」という言葉はあまり軽々しく言いたくないんですけれども、そういうものはあったということでしょうか。

谷川 離婚した妻たちに申し訳ないですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bun_soku 【作家インタビュー】【詩】 https://t.co/IvWfAK7jFX 2日前 replyretweetfavorite

kicchomusosuke 映像版の編集をしましたが、めちゃめちゃ面白いので、ぜひご覧ください! https://t.co/BO20wJHt0U 6日前 replyretweetfavorite

_daisylily ”本インタヴューでは自身が代表作を3点選び、それらを軸にして創作活動の歴史を振り返る。「二十億光年の孤独」(『二十億光年の孤独』1952)、「あなた」(『みみをすます』1982)、「さようなら」(『私』2007)” https://t.co/gBU2pdjGO6 9日前 replyretweetfavorite

huuchi “詩というのは「通俗的ではだめだ」というのが主流だったわけじゃないですか。でも僕はそこが違っていて、普通の人間の生活にどこかで根ざしていないと詩としては面白くないと思って書いていました。” 9日前 replyretweetfavorite