谷川俊太郎「「二十億光年の孤独」—宇宙のなかの自分の座標」

【第3回】詩人・谷川俊太郎さんが、代表作「二十億光年の孤独」を発表したのは1950年。日本が戦後まもない占領期のことです。当時、谷川さんは何を考えて、この作品を書いたのでしょうか。(聞き手・ロバート キャンベル)
 ※本インタヴューでは自身が代表作を3点選び、それらを軸にして創作活動の歴史を振り返る。「二十億光年の孤独」(『二十億光年の孤独』1952)、「あなた」(『みみをすます』1982)、「さようなら」(『私』2007)。

「二十億光年の孤独」—宇宙のなかの自分の座標

ロバート キャンベル(以下、キャンベル) 今日、3作を選んでくださったんですが、お父様が三好さんに渡したノートのなかにあったという「二十億光年の孤独」という詩を、ぜひ朗読していただきたいと思います。

谷川俊太郎(以下、谷川) この時代はまだ、宇宙の大きさが一三七億光年ではなくて、二十億光年だったんです。僕はそんなに天文学に興味があったわけではないんだけど、その程度の知識はあって。それから、もしかすると火星に知的生物がいるかもしれないという、ちょっと面白い時代だったんです。そういうことを踏まえて書いた詩です。

  二十億光年の孤独

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或はネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひき合う孤独の力である
宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨んでゆく
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした

キャンベル この詩は代表作としてよく知られています。

谷川 いま宇宙に関する知識というのは、この頃と比べて格段に違ってきていますね。それでも、この詩集をいまだに増刷してくれるのが不思議です。科学的知識と詩というのは、もちろんどこかでつながっているんだけど、違うものだなあと思います。

キャンベル これが1950年。日本はまだ占領期で、主権回復をしていない。日本の科学が再建される前夜の作品なのですね。

谷川さんは、宇宙が膨張したり、そのなかで私たちの惑星がどういうものかを科学とは別に詩の世界で表現されました。ここから5年ぐらいすると、手塚治虫さんが、宇宙がどう膨張しているかといったことを題材として漫画やアニメ作品を発表します。あるいは、この時期から、日本の絵画、音楽のなかでクリエーターたちがそういうことに取り組んできます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

raramico 私にとっては谷川さんは、大好きな河合隼雄さんと仲良しな詩人の方、というイメージ。造語センスが好みだと知る。 |飯田橋文学会|現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る https://t.co/LaWee738C3 5日前 replyretweetfavorite

ndakacozy 後で読む。 6日前 replyretweetfavorite

jorycc1 (cakes(ケイクス)) #NewsPicks https://t.co/mTmo1UXhFR 6日前 replyretweetfavorite

hiranok (cakes(ケイクス)) #NewsPicks https://t.co/RclbTheH2l 6日前 replyretweetfavorite