インフルエンザ、ノロの感染拡大は「間違った掃除」が招く!

患者数が過去最高に達し、猛威を振るっているインフルエンザ。さらに、これからの季節はノロウイルスの流行も懸念されます。予防策として「手洗い・うがい」はよく言われますが、見落としがちなのが「掃除」。ウイルス除菌も、一歩間違えばかえって感染拡大を招きます。掃除と病気のプロ・松本忠男さんの新刊『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、間違った掃除が引き起こした恐ろしい事例を紹介いしていただきました。

間違った掃除が感染症を広げる

毎年、秋から冬にかけて、ノロウイルスによる感染性胃腸炎やインフルエンザが流行するたび、テレビのニュースで、保育園の保育士さんや介護施設のヘルパーさんがテーブルや手すりを往復で消毒拭きしているシーンをよく目にします。毎度のことですが、私はこの映像を見ながら「違う、違う」と、ついつい声に出してしまうのです。

何が違うのかというと、「拭き方」です。

消毒を目的とした場合、クロスは 「一方向拭き」にするのが基本のキです。クロスを車のワイパーのように往復拭きすると、クロスの端の部分に付着した細菌やウイルスを、テーブルや手すりに置き去りにしてしまうだけでなく、いったんクロスに付着した細菌やウイルスを、掃除した場所に再付着させることにもなりかねません。

一見些細なことのようにも思えますが、感染症対策は、正しい掃除をコツコツと積み重ねていくことがとても大切です。

また、感染を未然に防ぐ方法についても、よく勘違いされているのですが、すべてのウイルスがアルコールで死滅するわけではありません。実は、ウイルスの種類によって、アルコール殺菌できるものと、できないものがあるのです。

インフルエンザや風疹をはじめとした多くのウイルスは、「エンベロープ」という脂質の膜で覆われています。一方、ノロウイルスやロタウイルスといった、エンベロープを持たないタイプも少数ながら存在します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

melty_vanilla https://t.co/FMnBXfYxrY テーブルも同じく一方向きに拭かなくては拡散しまーす 2年以上前 replyretweetfavorite

fukushimamono #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite