少女の「愛され」道徳の起源

不道徳なお母さんライターが、日本の「道徳教育」のタブーに踏み込み、軽やかに、完膚なきまでに解体! まずは、明治時代までさかのぼり、日本における「読書」と「道徳」の関係をさぐります。
ときは明治30年代、少年雑誌からだいぶ遅れて、ようやく少女雑誌の創刊ラッシュがはじまります。当初は冒険小説が人気だったはずの少女雑誌から、大人たちによって「愛され」少女が生み出されて…。


明治期に少女雑誌が刊行され始めた頃、一番はじめに少女読者に歓迎されたのは、少女や美しい女性が活躍する冒険小説だった。その人気は連載小説を楽しみに待つ少女読者という一群をつくり出したが、残念ながら少女小説の主流にはなりえなかった。女性の自由な外出もままならなかった当時のイエ制度のもとでは、馬に乗って幽霊城で戦う男装の麗人などという新しすぎるヒロイン像は受け入れがたかったのかもしれない。

大人にとって望ましい少女像とは、たとえば『少女世界』創刊号のこんな論説に現れている。

「少女時代」三輪田眞砂子
父母の命令に従ふとは女徳の基であります。 亦少女は愛らしきを以て妙と致します、即ち心の愛らしきを尊びます。であるから家庭に於て父母より愛せられ亦兄弟姉妹相互(あひたがひ)に愛する和気藹々の空気中に育ちたる少女は最も幸福であります、蓋し之は自ら一人幸福なるのみならず、斯(かか)る境遇に成長せし少女は、友人にも他人にも社会一般にも能く當ることが出来ます。要するに少女は愛らしき動作あると共につねに快活なる動作あるを望まねばなりません、

三輪田真砂子は、儒学者の娘として幼い頃から四書五経に親しみ、女ながらに学者を目指して女子教育家となった人物だ。その思想は儒学ベースの「国家主義的良妻賢母」だが、女性の書き手らしく、「従順さもなくば死」と少女を脅していた旧来の婦徳に女性自身の欲望を吹き込んだ。「愛されたい」だ。

この時点での「愛され」の対象は男性ではなく家族であり、容姿ではなく内心と動作を縛る規範だった。しかしイエ制度の維持と少女の欲望を同時に満たす「愛され」は、少女文化の中でじょじょに拡大していく。

『少女世界』は創刊の翌年、初代の巖谷小波に代わって沼田笠峰が主筆を担当する。彼は巻末に、こんな激アツな意気込みを少女読者に向けて送った。少し長いが引用しよう。

少女諸君(みなさん)! 昔から少女は、世にも愛らしいものとして、詩や歌などにも、しばしば歌はれて居るのあります。
(…)なぜ、斯やうに少女は愛らしいのでせうか? これは、先達て巖谷先生がお述べになりましたやうに、『愛の光』がひらめいて居るからであります。少女自身に、愛の心があるので、自然外からも愛らしく見えるのであります。
併し皆さん、愛は殊更に拵へられるものではありません。いくら愛らしく見せたい!と思ひましたも、顔や姿ばかりで、俄かに愛が出来るのではありません。『どうぞ、私を可愛がつて頂戴!』と言ひましても、人は却つて嫌がります。 それならば、愛らしくするには、どうすれば宜しいのでせうか。
(…)世の中には、顔にお化粧をしたり、立派な衣服(きもの)を身に纏うたりして、それで愛らしく見える、と思つていらツしやるお方があるやうです。また、いやにハイカラぶり、道路をあるくにもシヤナリシヤナリと、様子を作つて、よろこぶ人もあります。併し、まことの愛は、決してそんな軽薄なものではありません。それかと言つて、子供の癖に、大人のやうな言葉づかひをしたり、みだりに高ぶツたりするのも、また愛らしい少女と言ふことが、出来ないのです。それで、私が思ひますには、少女らしくして居るものこそ、眞に愛らしいのである、と。 (…)
読めもせぬ書物を買つて、読むふりをしたり、知りもせぬことを、知つたやうに装うたり、或はまた、自分より遥かに年上の人と交際したり、とかく大人らしくしたがるものも、往々(まま)見受けるのでありますが、これ等は皆、少女にして、少女にあらず、厭ふべくして愛すべきにあらず、笑ふべくして褒むべきにはあらざる少女であります。
少女諸君! 『少女らしくない』といふことは、右に述べた所で分りましたらう。されば、皆さんは、赤ん坊らし
くもなく、また大人らしくもなく、どこまでも少女のやさしい、あどけない、ハキハキした心を失はずして、至るところで、愛せられるやうにならねばなりませんよ。
「少女教室」(『少女世界』明治40年第2巻3号)

家の中で従順に務めを果たす存在から、鑑賞され、かわいがられる対象へ。少女が女学生という形で外に出るようになったことで、その規範も移り変わっているのがわかる。愛されるようにふるまいなさい、しかし愛されようなどという自意識はもたずに無垢なままでいなさい。現代にも通じるややこしい願望が、明治の少女たちにふりかかってきたのである。しかし少女としても、軍人になれない女は家の中にこもって裁縫をしろと強制されるよりは、君たちは愛らしいのだから「至るところで」つまり家の外で「愛せらる」ようにかわいくしててね、というメッセージのほうがまだしも受け入れやすかっただろう。沼田笠峰は読者欄でも「沼田の叔父ちやま」などと呼ばれ親しまれており、少女の庇護者として信頼を得ていたことがわかる。

主筆の沼田笠峰は、少女の価値の擁護者として「愛され」をプッシュし続けた。女性の学問とキャリアを特集した『少女世界』「少女と立志」(三巻2号増刊)でも、「女だからとて、何も男子に負けて居るには及ばないのです」「併し今後の女子は、どうしてどうして、學問をせずに居られませうぞ」と少女の立志を鼓舞しながら、やはり「愛らしく」あれと説いている。

少女の世界だからとて、ナニもお転婆になれとは申しません。威張つてもよいとは言ひません。高ぶるものは憎まれ、威張るものは斥けられるのです。少女は何處までも愛らしく、やさしく、従順でなければなりません。 すでに愛と美を備へた少女は、更に進んで、力を養はなくてはなりません。
「少女の世界」(『少女世界』明治41年三巻2号)

『愛されながら仕事も恋も成功する方法』『可愛いままで年収1000万円』といった現代の女性向け自己啓発本のタイトルが頭をかすめる。実際に同特集で女性の職業として挙げられているのは、「学校教師、保母、女医、産婆、看護婦、音楽教師と割烹教師、裁縫教師と手工教師、文学家と画家、寫眞師と速記者、銀行員と商店員、茶道教師と生花教師」(「少女の職業」)。確かに「愛され」が必要そうな対人サービス系(または芸術系)職種ばかりだ。

それでもこれまでは教育を受けた女性の職業は教師以外には想定されていなかったから、社会に出て愛と美と力を兼ね備えよというメッセージは、少女冒険小説に熱中していた少女をも奮い立たせたに違いない。冒険が社会的に許されない女の子が、それでも主体性を手放さないための武器として、「愛され」は少女規範に組み込まれていった。

ただ、男性目線の「愛され」が称揚されても、少女雑誌に恋愛小説を掲載するわけにはいかなかった。そもそも女学生が小説を読むこと自体がネガティブにとらえられていた時代である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
不道徳お母さん講座

堀越英美

核家族化で家庭教育はダメになった? 読み聞かせで心を育てるって……本当に? 日本で盲信されてしまっている教育における「道徳」神話の数々。そのすべてを、あの現代女児カルチャー論の名著『女の子は本当にピンクが好きなのか』でセンセーションを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

madozukin とても学術的な。後で読む。 2年以上前 replyretweetfavorite

mukuobake 毎回め〜〜〜っちゃおもしろい 2年以上前 replyretweetfavorite

P_DSJ 「国民道徳と少年少女の欲望がからみあい、日本における少年文化と少女文化ははっきり区分けされ」 2年以上前 replyretweetfavorite

interloid 「愛されれば階級上昇も夢ではない。「愛され」は、良妻賢母教育と少女自身の欲望がミックスした形で、少女らしさの規範として定着する」 2年以上前 replyretweetfavorite