人づき合いで「絶対やってはいけない」こと

本連載は、かつては500万円の借金を背負い自己破産寸前までいった著者・田口智隆氏が教える、成功に近づく「人づき合い」の秘密を最新刊『賢いお金持ちが絶対破らない 人づき合いの基準』より紹介していく内容です。ひと口に「人づき合い」といっても、異性から、仕事関連、果てはプライベートまで、多岐に渡ります。では、各方面で、一体どんな人を選び、つき合うようにすると成功に近づくのでしょうか?  本書では、その秘密をあますところなく紹介していきます。

不特定多数の集まる場所に行かない

いまだに「名刺ホルダー」といわれる人は絶滅していないようです。不特定多数の人が集まる交流会やイベントに参加して名刺交換をしまくり、ひとことふたこと言葉を交わしては、別の人と名刺交換をする。そして、大量にたまった名刺の束を見て、「自分は人脈がある」と一人悦に入っている。

私も名刺ホルダーの人と挨拶を交わしたことはありますが、そういう人とはビジネスにつながったケースはありませんし、そもそもほんの少ししか話さないので、名刺を見てもどんな人だか思い出せません。

いくら名刺をたくさん持っていても、それは人脈とはいえません。将来的にお金に換えることができる人をたくさん知っている人が、本当の意味で「人脈を持っている人」なのです。

不特定多数の人が集まる場所で、やみくもにいくら名刺を交換しても、お金持ちにはなれないのです。

人づき合いの「目的」は何か?

では、賢いお金持ちは、どのような場で、お金につながる有益な出会いを見つけているのでしょうか。

それについても、二つ基準があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きが詳しく読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
賢いお金持ちが絶対破らない 人づき合いの基準

田口智隆

本連載は、かつては500万円の借金を背負い自己破産寸前までいった著者・田口智隆氏が教える、成功に近づく「人づき合い」の秘密を最新刊『賢いお金持ちが絶対破らない 人づき合いの基準』より紹介していく内容です。 ひと口に「人づき合い」と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shuwasystem_inf 現在1位です!ありがとうございます。 2年以上前 replyretweetfavorite

toroimo2003 は、このコラムみたいに「人付き合い=金目当て」って公言しないことじゃないかしら。 2年以上前 replyretweetfavorite

hosotaku709 25年前、新入社員研修で講師先生が「先ずは名刺100枚集める事を目標にして下さい。」って言ってたなぁ。 ダメリーマン育成研修だったのか。。。 #名刺ホルダー https://t.co/WTuBiwYU8c 2年以上前 replyretweetfavorite