​「すごい美人」と付き合いたい

もし、美人な人を好きになってしまったら? あなたがよっぽど自信家でない限り、すぐに諦めてしまうかもしれません。でも、それがただの美人ではなく、すごく美人な人だったら、もしかしたらチャンスがあるかも。今回の「ワイングラスのむこう側」は、そんなすごく美人な女性の口説き方です。

すごく美人な人はあまりモテない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「すごい美人」ってあまりモテないのをご存じですよね。もうこれ、どんなすごい美人に聞いてもみんな「そうなんです。私、全然モテないんです」って答えます。すごい美人ってどのくらい美人かというと、みんな小さい頃に「宝塚に入れば」と言われたことがあって、もう学校にひとりしかいないくらいの美人で、他の学校でも知られてるくらいで、女性からも「綺麗……」ってうっとり眺められて、まずイジメとかもされないくらいの美人が「すごい美人」です。

その次の普通の美人はみんなに「あの美人さん」って感じでちやほやされてます。何とはいいませんが美人が多いとされる職業についていて、パーティや合コンでも常に「美人のポジション」が与えられます。その次の「意外とかわいいよね」なんて言われる女性たちが「一番モテる」とよく言われます。どうしてなのかと言うと、男性が声をかけやすく誘いやすいからなんです。

男性ってどうしても最初は「見た目」で女性を判断するのですが、美人に声をかけられるのは、自分に自信がある男性だけなんです。だからそれ以外の男性は自然と、「意外とかわいいよね」な女性に声をかけるというわけです。

さて、「すごい美人」は、本当に男性から声がかかりません。彼女たちを誘うのは地位も名誉もお金も持っている自信のある男か、根拠はないのに自信がある勘違い男か、既婚者の悪い男だけです。既婚男性は、断られても傷つかないから「今度、食事でもいきましょうよ」と誘うわけです。勘違い男性は「自分のレベルがわかってない」から、勘違いで声をかけてしまうわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mega_takoyaki 確かに美人には声かけられない(笑) ▼ 28日前 replyretweetfavorite

Travel_Pisce 美人は得だ、すごい美人はもっと得だ、という話ですな https://t.co/OpGMcYCbY4 28日前 replyretweetfavorite

mitsuru326 誰に試せばいいのか、、、 https://t.co/FJFWjB5SU0 29日前 replyretweetfavorite

chy_yhc 「すごい美人」と付き合いたい|林伸次 @bar_bossa | この作戦なら女性陣が『いける』というのも納得だわ…… 30日前 replyretweetfavorite