元カノが「新しい女」に勝る4つの強み

ベストセラー作家・ANNAによる復縁本。「別れてしまった彼とヨリを戻したい」「もう一度だけ振り向いてほしい」……そう願うあなたへ。好評発売中の書籍『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法 完全版』より、二度と会わないと言われていても逆転可能かどうかを教えます。

人の気持ちはいくらでも変わるもの

 復縁したい女性にお話を聞くと、
「彼は『復縁はしない』というポリシーがある人だから、絶対にムリなんです」
「『もう連絡することはないから』って言われました」
「別れた人とは二度と会わないらしいんです」
 と言うことがあります。また男性も、彼女たちの言うように、
「おれは別れたらオシマイって決めてるから」
「もう一回つきあうとかありえませんね」
 と言う人が多いようです。
「じゃあそんな人と復縁なんてムリなんじゃないの⁉」と、ガックリしてしまいますよね。
 たしかに、復縁をしたことがある男性や、「復縁も場合によってはありかな?」と思っている男性のほうが、比較的アプローチしやすいとは思います。
 しかしそれは、要素のほんの一つにすぎません。
 そもそも〝決心〟〝気持ち〟って、固定していて、永遠なのでしょうか?
 だとしたら、どうして大半の人の禁煙や禁酒は、続かないのでしょうか?
 どうしてあなたのダイエットは成功しないのでしょうか?
 私たちは、一度決めたことを、多くの場合守れないのです。
 あなたは、今好きな彼の前に、だれかを好きになったことがありますか?
 あるとしたら、どうして今は、その人を好きではないのですか? そのときは、
「彼だけを本当に好き。夢中」
 という気持ちがあったのではないですか?
 その気持ちはどこにいったのでしょうか?
 気持ちが変わらないのだとしたら、あなたは今でもその彼を好きなはずなのです。
 私も昔、4年間、命をかけて好きだった男性と終わったとき、もう二度と人を好きになることはないだろうし、だれとも結婚はしないと思いました。
 しかし実際は、それから一年後には、大好きな人ができましたよ。
〝決心〟や〝気持ち〟なんて、時間の流れとともに、だんだんと変わるもの。だから、
「オレは復縁だけはない人間だから」「きみには二度と会いたくない」
 という〝ポリシー〟や〝決心〟、〝気持ち〟なんて、
「この人は〝今は〟こういう気分なんだな」「この人は〝今は〟こう思っているんだな」
 と、とらえておくのが正解です。
 あなたといるほうがもっと幸せだと感じさえすれば、彼の決心も気持ちも、一瞬で変わります。彼自身とまどいながら、
「まさかこのオレが、一度別れた人とつきあうなんて」
「きみの魅力にどうしても逆らえなかった」
 と言いながら、あなたに復縁を申し込むのですよ。

「なじみがある」安心感は大きい

 復縁について研究しているうちに、私は一度つきあった女性には、たくさんの有利な点があると気づきました。
①彼好みである
 男性は、女性を見た瞬間、本能的に、
「この女性とセックスしたいか、したくないか」
「しようと思えばできるか、できないか」
 を判断する生きものです。
 そこで「どうしてもセックスできない」に分類されてしまった女性は、彼のストライクゾーンから大きくはずれていて、彼に女性として愛されるのはむずかしいのです。
 なぜなら、彼の男性としての本能が彼女を受けいれていないのだから。
 しかし彼はあなたとつきあっていました。
 つまり、あなたは彼好みの女性なのです。
 仮にあなたから押してつきあったのだとしても、あなたを彼女にしたり、体の関係を持ったということは、あなたは彼のストライクゾーンにいるということ。
 彼にとって、あなたが女性全体の何割というストライクゾーンに入っていること、これは彼の元カノである、あなたの最大のメリットです。
 彼が再びあなたを見かけたとき、「かわいい」「やっぱりいいな」と思う可能性は高いでしょう。彼女がいなくてセックスしたいときに元カノを思い出すという男性は多いのです。
 あなたは不本意かもしれませんが、あなたの肉体的魅力は、復縁の大きな武器になります。

②二人だけの思い出がある
 また、あなたと彼には、二人だけの楽しい思い出があります。
 彼がふと寂しさを感じたとき、または二人の思い出の場所に行ったときなど、あなたの笑顔、あなたのやわらかい感触、二人でじゃれ合ったことなど、あなたとの楽しかった記憶がよみがえります。
 そして、「幸せだったなあ」となつかしく、あるいはせつなく思うのです。
場合によっては、一瞬、別れたことを後悔することさえあるのですよ。
 彼があなたと感じたマックスの幸せレベルと、それを感じていた期間によって、あなたに対する未練の大きさは変わります。
 彼が最高の至福を、しかも長期間感じていたとしたら、あなたにまた会いたいとせつなく思う確率は高くなります。

③彼の理解者である
 男性はプライドが高い傾向にあるので、知らない人には警戒して、
「自分を受けいれてくれるだろうか」
「自分を認めてくれるだろうか」
「バカにされていないだろうか」
 などと考え、自分をつくってしまうことがあります。
 その点、多くの場合、元カノであるあなたは、彼の理解者であったでしょう。もしそうならば、彼のことをわかって、そのうえで受けいれてくれていた人間として、彼にとって貴重な存在なのです。
 彼がこれからつらい思いをしたり孤独を感じたとき、受けいれてくれたあなたの存在を思い出し、支えてもらいたくなる可能性が大きいでしょう。
 恋愛相談には、「彼が元カノと連絡をとっていて」「彼が地元に帰ったとき元カノと遊んでいて」などというものがたくさんあります。
「元カノ」がライバルであり、その存在におびえている女性も多いのですね。
 ということは、「元カノ」であるあなたは高い確率で彼の心に残っているということなのですよ。
 一度つきあった女性ほど安心でき、親しくなれる人はあまりいないものなのです。

④彼の気分がわかる
 あなたは彼の性格をよく知っているので、彼がなにを喜び、なにを嫌がるのか、そして彼の態度からテンションをはかることができるところもメリットです。

「攻略したい欲求」をどう満たすかがポイント

 元カノは再びつきあえる確率が低い、と思われがちですが、それはいったいどうしてなのか、その理由も見ていきましょう。

①あなたに悪いイメージを持っている
 彼からあなたに別れを告げたのだとしたら、彼はあなたに悪いイメージを持っているかもしれません。  別れの原因にもよりますが、多くの場合、トータルで見て〝快〟や〝幸せ〟よりも、〝不快〟や〝苦痛〟が上回ったからこそ、あなたとの別れを決めるからです。
 また、外見がストライクのあなたと別れを選んだということは、あなたの内面に魅力を感じなかった、むしろ離れたいと思ったということ。
 そして、大人である以上、性格はなかなか変わらないと思われがちです。

②一度すでにつきあっている
「一度つきあった人とは、またつきあっても同じことになる」
 と思う男性は多いので、この点では、つきあったことのない女性よりも不利になります。
「あなた=もうムリ」
 という思いこみができていることが多いのですね。
 つまり、元カノというだけであなたは対象外になりやすいのです。

③新鮮さがない
 人によって程度は違いますが、多くの男性には、知らない新しい女性を開拓したい、落としたい、セックスしたい、という〝攻略したい欲求〟があります。
 しかし一度つきあったあなたはもうよく知っていて、飽きたと感じていたり、追いかけたくなるような新鮮さが足りない、という点もデメリットです。
 これらのメリット・デメリットを頭に入れておくことで、ツボをついた進め方ができるようになり、やみくもに復縁を目指すよりもだんぜん有利になります。
 つまり、あなたは彼にとって「なじみがある」ということなのですね。
 彼にとってなじみが深い場合、あなたを思い出してくれることが多くなる分、よくわかりすぎている、飽きているという感覚にもなりやすく、なじみの浅い関係の場合は、飽きも少ない分、リセットしやすいと言えるでしょう。
 あなたの復縁を成功させるには、いかにこの「なじみがある」ことのメリットを引き出し、デメリットを打ち消すか、が重要になります。
 さあ、これから、あなたの元カノとしてのメリットだけを最大限に発揮していく作戦のはじまりです。

次回「『復縁したい』という気持ちが復縁できないように働いている」は2月20日(火)更新

記事の続きがすぐに読みたい方はこちらから!

この連載について

初回を読む
どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法

ANNA

「別れてしまった彼とヨリを戻したい」「もう一度だけ振り向いてほしい」……そう願うあなたへ。男女の恋愛事情を徹底的に知り尽くした著者が、元カノの強みを活かして彼と再び幸せになる方法を伝授します!

関連記事

関連キーワード

コメント

tjmlab 「私たちは、一度決めたことを、多くの場合守れないのです」 人生… https://t.co/GwjaEn1TG4 6日前 replyretweetfavorite

morisyrup やめとけと言いたい。 6日前 replyretweetfavorite