スマホに頭を乗っとられかけていた話

仕事でもプライベートでも多くの人が持ち歩いているスマートフォン。スマホがないと困るという人は多いと思います。牧村さんもその一人ですが、とある寒い日の朝、牧村さんはスマホに頭を乗っとられかけていることに気づきます。一体どういうことでしょうか?


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「スマホはもはや俺の臓器」ってキュウソネコカミが歌っていたけどほんとにそう思う。スマホはもはや俺の臓器。そもそも、私がキュウソネコカミというバンドを知ったのも、スマホでYouTubeを見ていたのがきっかけだった。

スマホ、いつも持ってる。好きだから持ってるというより、ないと困るから持ってる。スマホは私のスケジュール帳であり、地図であり、電車乗り換え案内であり、寂しさまぎらわせツールであり、人の話聞きツールであり、仕事の連絡ツールであり、買い物リストであり、カメラであり、レシピ本でありゲーム機であり懐中電灯である。そう、すべてである。

便利である。めっちゃ便利なのである。だからこの記事では、「スマホを捨てよ町へ出よう」みたいなことを言うつもりはない。私も捨てないし。むしろ捨てないために……スマホに使われず、スマホを使い続けるために……覚えておきたいコツがあるなあと思ったので、それを書き留めておこうと思う。そんな文章があなたの目の前の画面に表示されるところを思い描きながら。

これに気づいたのは、しーんと寒い朝のことだった。

寒かった。寒い中私は、顔面に冷水を浴びせていた。繰り返し冷水を浴びせていた。なぜか。

毛穴を引き締めたかったのである。

「毛穴 ケア 方法」かなんかでググったのだと思う。検索結果は「冷やせば毛穴が引き締まる」とか、「ユンソナは毎朝顔に冷水を浴びせて毛穴レスな陶器肌をキープ」みたいな記事だった。なりたい、毛穴レスな陶器肌に。ということで私は、顔面にガンガン冷水を浴びせていた。

結果はどうだったか。

つめたかった。

おててとおはなが、しゅーんとつめたくなった。

さっむーい、って思った。

思ったが続けた。だって毛穴レスな陶器肌になれるって書いてあったから。それで頑張ったのだが、冬の何ヶ月か頑張ったのだが、どうも、どう考えても寒いだけだった。顔が寒いだけだった。

ひやひやに冷えた顔面を手で覆いながら、鏡の中の自分を見る。

毛穴よ毛穴、どうしてあなたは消えないの?

まじ消えて!

デジョン(※ファイナルファンタジー的に言った場合)!

えーんがちょっ(※昭和のガキ的に言った場合)!!

って、いろいろ呪文を念じていたら、頭の中に、ある女性が登場した。

美魔女だ。

かつて私にメイクを教えてくれた、美魔女さんだ。

「マスカラを塗る時はね……」

いい女である。頭に、ブルゾンちえみがキャリアウーマンネタの時に流すオースティンマホーンのあの曲が鳴りそうな感じである。

♪ドゥッデンッデンデデン、ドゥデデデンッデンデデン。

「マスカラを塗る時に、『マスカラを塗ってる』って意識でいるんじゃない?

そんなんじゃ、ダメよ!

マスカラを塗るときはね……『まつ毛、伸びろ!!』って意識でいなくちゃ! マスカラを塗るのはなんのため? まつ毛を長く、目を大きく見せるためでしょう? そこに意識を向けなきゃ!」

そっかー!!!!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

showgo https://t.co/AY73YBBbR4 1年以上前 replyretweetfavorite

moxcha 最近NHKでも不便益とかやってたけどこう感じる人が多いのかな…。たぶん 1年以上前 replyretweetfavorite