徹底的に自己愛、自己本位になれば、必ず他人のことを大事にできる

暗闇の中をたった一人で歩いているような気持ちになる。そんなとき、「本当に自分は一人なのかどうか?」と考えてみてはどうでしょう。もしかしたら、こっちの道に進んでいいのかと迷っているときに、同じように迷っている人が世界のどこかにいるかも。実は一人じゃなかったと気づく。『デカルトの憂鬱』著者・津崎良典先生が、デカルトのメッセージから「本当の幸せとは何か」を語り尽くします。集中連載インタビュー最終回!

—デカルトが生きたのは宗教戦争の時代で、ヨーロッパが大きく分断された時代でした。今の国際情勢もまた分断の時代を迎えつつありますが、分断された世界をどうやって再び統合するのかということが、デカルトの哲学の基礎にあるように思います。

津崎 国際状況に限らず、僕たちはいろんな分断によって切り離されていますよね。男と女、老人と子供、正規職員と非正規職員、自国人と外国人、健康な人とそうでない人、都市出身と地方出身……僕たちはありとあらゆる分断によって毎日切り刻まれています。そうやってあらゆる軸によって分断された私たちの人生を縫合するためのヒントをデカルトはたくさん与えてくれると思います。なぜかというと、デカルトはすべての人に備わっていると考えられる「良識」を信じていたからです。

—良識というのは、デカルトにとってどのようなものだったんでしょう?

津崎 一言で述べれば判断能力です。『方法序説』には、開口一番こうした言葉が出てきます。「良識はこの世でもっとも公平に分け与えられているものである」と。公平というのはつまり分断がないということです。私にもあなたにも等しく与えられている。良識だけは、老若男女、職業の貴賎を問わず、富める者にも貧しい者にも、あらゆる違いを乗り越えて公平に分配されているとデカルトは考えた。その良識は、全員が使うことができるものだと信じていたし、それを発揮することが分断を縫い合わせる方法だと考えたんです。良識ある振る舞いとは何かと言うと、「お前は女だから」であるとか「お前は貧乏人だから」であるとか「お前はまだ学生だから」であるとか、私とあなたを分断するありとあらゆる軸を、どこまでも軽やかに乗り越えていくことです。そうした分断軸に傷ついた私とあなたを再び縫合するための縫い糸が良識なんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
デカルトの憂鬱

津崎良典

悩みや心配、悲しみ、怒り、憎しみ……そんな「マイナスの感情を確実に乗り越えられる方法」はあるでしょうか? あの「我思う、ゆえに我在り」であまりにも有名な近代哲学の祖・デカルトが、私たちに降りかかるマイナスの状況にいかに対峙すべきか、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード