国民は天皇に対してどうあるべき?

いよいよ、今上陛下が退位され、皇太子殿下が新天皇に即位されることになります。そして、新たな元号のもと、新しい時代がスタートすることになります。新天皇が即位すると、国の 空気が変わり、国の色彩も変わっていくものと思われます。そんな時代を迎える私達国民は、天皇に対してどうあるべきなのでしょうか?

 平成二八(二〇一六)年八月八日に発せられた今上陛下のお言葉は、退位のことばかりに注目が集まっている気がします。しかし、本質は、「皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていける」という表現にあるのではないでしょうか。

再度、お言葉の一部を掲載しましょう。

「天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました」

この一節には、天皇が一方的に国民に対するのではなく、国民もまた天皇に対するといった、両者の間に相互的な関係があると指摘されています。つまり、両者間には深い信頼と敬愛の関係があることが望ましいのではないでしょうか。

だからこそ、今上陛下は天皇の務めとして国民の安寧と幸せを祈りつつ、ときには人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添ってこられました。国民の喜びのときは共に喜び、関係者を祝福してきました。そして国民の悲しみのときには、共に悲しみ、その現場を訪問して慰め、激励なさってきました。

そうしてほぼ全国に及ぶ旅をしたことが、「天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした」という温かなお言葉につながっているのです。

国民は、このような天皇のお姿を拝見したからこそ、国民の側からも天皇に対する深い信頼と敬愛の念を抱いているといえるでしょう。

そして、これこそが象徴たる天皇の望む、天皇と国民の関係ではないでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これ一冊で皇室のあらましが理解できる!

皇室ってなんだ! ?

竹元 正美
扶桑社
2017-09-22

この連載について

初回を読む
皇室ってなんだ!?

竹元正美

今上陛下の退位、眞子様のご婚約と話題に欠かない皇室。いま国民の関心は高まっています。しかしながら、わたしたちは皇室のことをどれだけ知っているのでしょうか? 外国人に皇室のことをきちんと説明できるのでしょうか? 本書は東宮侍従として皇室...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません