日本チームのゴーリーは世界最強美女。

スウェーデンは世界ランク5位。日本は9位。準備はできた。一発勝負は気合い。走れ、スマイルジャパン!
【小説の展開】ソチオリンピックのあと鳴かず飛ばずのスマイルジャパンであったが、男子チームとの練習を重ねていくうち、上昇のきっかけをつかみはじめていた。


▷オリンピック速報

女子アイスホッケー「美しすぎるGK」藤本那菜(smart FLASH)

9.サッカー・バルセロナのような連続するパス「エビのプレイ」が出現した!

「リスクを取れ! 君たちのやってきたことは間違いじゃない。自信を持って攻めよう」
「おお!」
 体育会系100%の声を出し、私のセットが氷上に出た。
 相手も第一セットが出た。
 それを見て私は行けると思った。元日本代表オールドタイマーは、第3ピリオドに入ってから体力が切れたのが明らかだったからだ。案の定、のらりくらりとやってきた。エキシビションだから引き分けでいいと思ったのかもしれない。高校生セットならガツガツ来たところだ。
「よし」
 私はヘルメットの中で言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません