いくらが冷蔵庫に余っているから「今日は焼きうどんでも作ろうか?」

うに、キャビア、からすみ……リッチな食材たっぷりの「贅沢素麺」や「蟹味噌茶碗蒸し」、土鍋で炊いた「卵かけトリュフご飯」など、名物和食が食通と酒好きの絶賛を博し続ける大人気割烹「はらまさ」。新宿・荒木町の外れにひっそりと佇む噂の店の大将が伝授する、華のある簡単レシピ集『美食家のための贅沢和食』から、選りすぐりの一皿を紹介。さっと作れたら、もてなし上手!ときっと褒められそうです。節約、作りおき、残り物……そんな庶民派テイストがイマイチ響かない、グルメのための家ご飯!

5回目は「いくらと鮭の稲庭焼きうどん」です

稲庭うどん

食べ方がワンパターンだと、ちょっと飽きてしまいがちな、いくらと鮭。
ご飯との組み合わせが続いたら、麺でも楽しみましょう。
するすると食べやすい稲庭うどんと、短時間さっと炒め合わせるだけで大丈夫。
彩りが華やかなので、いつもと違う感じの焼うどんになります。
サラダ油をごま油に変えれば、中華風も楽しめます。

いくらと鮭の稲庭焼きうどん
◆材料(2人分)
稲庭うどん(乾麺) 60g
塩鮭の切り身 2切れ
いくら 大さじ6
サラダ油 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1
万能ねぎ 適宜

◆作り方
1.塩鮭は焼いて身をほぐす。
2.うどんは袋の表示より30秒ほど早くざるに上げ、流水で洗って水気を切る。
 ※硬めに茹でて冷水でしっかり締めると、炒めても麺のこしが残ります
3.フライパンにサラダ油を入れて、①と②、薄口しょうゆを加えて中火で30秒ほど炒める。
4.器に盛り、いくらと刻んだ万能ねぎを散らす。

★豪華食材の基礎知識
「いくら」の語源とは……?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美食家のための贅沢和食 ─大人気割烹の味を自宅で!

原正太郎

うに、キャビア、カラスミたっぷりの「贅沢素麺」や「蟹味噌茶碗蒸し」、土鍋の炊き立てご飯を使った「卵かけトリュフご飯」など、食通と酒飲みの絶賛を博し続ける、今、大人気の割烹「はらまさ」 。 新宿・荒木町の外れにひっそりと佇む噂の店の大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード