村上春樹の読み方『1973年のピンボール』後編

「出口」を求めて読解を進めてきた『1973年のピンボール』評もいよいよ後編。複雑で支離滅裂に見えた物語を整理した時、そこには新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)にも通じる世界観が見えてきます。作家の本質に迫る新しい村上春樹論です。

「僕」の世界を動かす外部の力


1973年のピンボール 講談社文庫

 パズル的な仕掛けや比喩の構造を整理して解読するとわかるが、一見不可解で支離滅裂な「僕」の物語は、奇妙ではあるが理路整然とした文学のロジック(論理)で描かれている。

 ではなぜ新しい配電盤が到来したのか。なぜ「僕」の世界が、双子の女の子と事務所の女の子という3フリッパーのピンボールマシンとして蘇ったのか? 「僕」の世界を突き動かしたのは何か?

 「僕」の世界を突き動かしたのは、その外部の力である。パラレルワールドからの力であり、パラレルワールドにある鼠の物語が、「僕」の世界を変えたということになる。非論理的ではあるが、それがこの小説のピンボールマシンに象徴される「呪術的な」力の作用ということだ。どのようにして、パラレルワールドの鼠の行為が「僕」の世界を変えたかは知りたいところだが、「どのように」を日常世界におけるHOW(方法)という面で考えるなら、その答えは出ない。呪術の世界のロジックが求められる。

 あるいは、力のモデルではなく、パラレルワールドの共変性かもしれない。この場合、一つの世界を変える力が、別の次元の世界に存在するのではなく、多世界が独自の呪術的なコミュニケーションを介して、同時に変性していくことになる。

 この奇妙な、パラレルワールドの影響力あるいは共変性は、後の村上春樹文学の特徴でもあり、この特徴が『1973年のピンボール』に萌芽した。おそらく『風の歌を聴け』(講談社文庫)の、「僕」と鼠の恋人の物語も、パラレルワールドの原形だったのだろう。なおこの手法については、『ダンス・ダンス・ダンス』(講談社文庫)でシンクロニシティーとして考察したい。

 パラレルワールドからの影響力あるいは共変性を、しいて物語的な意味に還元してみよう。初期二作において、鼠の苦悩の叙述という世界は、直子を死に至らしめた「僕」の自責の物語表現であり、直子の死の解釈であった。ゆえに鼠の運命が、直子の死の意味をトレースする(なぞる)という仕組みになる。この仕掛けは次作『羊をめぐる冒険』(講談社文庫)においてさらに顕著になる。

 『1973年のピンボール』で「僕」と鼠は、「配電盤」を結節点として変化する。それは「僕」の世界の側からすれば新旧の「配電盤」の交換である。また古い「配電盤」の葬儀として人工貯水池に沈んでいく様態は、パラレルワールドの鼠のあり方そのものになる。思いを吸い込みすぎて、誰とも交流できなくなり、自分を捨てに、貯水池の底に沈むように、鼠には深い眠りが訪れる。

日常をただ生きる

 新しい配電盤が可能にした二世界の共変化によって、ピンボールマシンを介した直子の死霊は、この小説の終局へ向かう物語形成力の中で、その死の3年後の1973年に「僕」と語り合うことになる。この対話がまさに「1973年のピンボール」という表題に隠された意味である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード