会社経営者は、会社という芸術作品を作るアーティストである。

「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案する、正田圭さんの新刊『サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方』の特別掲載、第27回。会社経営者は人に依存してはいけませんと正田さんは語ります。依存せずにビジネスを成功させるためのコミュニケーション方法とはどのようなものなのでしょうか。


━会社はあなたが自分で作り上げる芸術作品である━


 先ほど法人税申告書を自分で作った話をしたが、これに違和感を持った人もいるかもしれない。よくビジネス書なんかに「自分ができないことはできる人に頼もう」などと書かれているからだ。これもよくある間違いである。単に会社の経営者としてならそれでもいいのかもしれない。 しかし、あなたは代表取締役である前に、自分の会社の大株主なのである。

 会社は商品だ。作品と言い換えてもよいかもしれない。アーティストが長い年月をかけて作品を制作するように、あなたは会社という作品を作っているのだ。コンセプトから素材、手法まで吟味し、細部まで納得のいく作品を作るのは、人まかせでは不可能である。結局、会社を売るということは、会社という「芸術作品」の価値を高めていくことと同じなのだ。

 営業部門であれ経理部門であれ、それは芸術作品の大切な一部である。その内容を経営者が全く理解せず、人まかせにするなどありえないことだ。自分の会社のことは隅から隅まで知って、愛情を持って育てなければ、売るに値するいい会社は立ち上げられないだろう。アーティストになったつもりで会社を作り、育てていこう。会社は、あなたが数年がかりで制作する芸術作品なのだ。


━尊敬する人のところに飛び込んでも本当に助けてくれる人はいない━

 何でも自分でやるべきだと僕が強く主張する理由は、他にもある。スゴく悲しい話かもしれないが、起業しても、あなたを本当の意味で助けてくれる人は存在しない。というか、そもそも人に頼った時点で「負け」である。人にものを頼むなと言っているのではない。頼むのはよい。頼るなと言っているのだ。

 前にも少し似たようなことを書いたが、起業家のよくある勘違いに、「自分と一緒にビジネスをする」イコール「同じ船に乗り込んでくれている」というのがある。これは、世界が自分を中心に回っているという勘違いである。起業家は孤独だ。その孤独さに負けて、依存性が高くなり、仲良くなった人は全員自分と同じ船に乗り込んでくれていると思い込んでしまうのだ。そして、そうではないことが発覚すると、とたんに「騙された」とか言って騒ぎ出すのである。そういう起業家はすごく多い。

 実際には、同じ船に乗り込む人なんていない。相手は相手で自分の船に乗っていて、たまたま行先と速度が同じようになることはある。そうすると、相手がまるで止まっているように見えるため、自分と同じ船に乗ってくれているような気がする。しかし、相手には相手の船があり、相手なりの旅の目的があるのだ。

 例えば資金調達。確かにベンチャーキャピタルは同じ会社の株を持ってくれる。しかし、彼らは彼らで償還期限というものがあり、自分たちの投資家に対してリターンを出さなければならないという責務がある。ベンチャーキャピタル側からすれば、あなたの会社の少数株主としての立場より、自前のファンドの償還期限やリターンの方が優先順位は高い。

 会社のCFOという役職だってそうだ。ストックオプションというインセンティブと、同じ会社の役員という立場でもあるから、CFOは真の仲間なんだと思うかもしれないが、それもたまたまその瞬間がそうなだけだ。CFOといえば資金調達がメインの仕事だが、ベンチャーキャピタルから高いバリュエーションで調達することだけではなく、起業家にダイリューションを納得させるのも仕事だ。

 弁護士だって同じだ。相手から送られてきた契約書のドラフトを手に、同じ目線で同じ温度感で考えてくれるわけではない。何かあった場合の損害賠償リスクは絶えずあるため、必要以上にリスクに対して言及するバイアスが職業上かかっている。共同創業者という肩書だってそうだ。いつ共同創業者があなたとのビジネスへの興味を失おうが、共同創業者の勝手なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

正田圭

本書は「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案します。「起業はハードルが高い」「会社を売るのはさらに難しい」と思われがちですが、「会社を作って売却するのは、世の中に数ある儲け話の中で、一番確実で、一番地に足の着...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 頼むのはいいが、頼らない。 たまたま行く方向が同じ。 会社は、自分の芸術作品。 同じ… https://t.co/jCrpmBjaEr 2年以上前 replyretweetfavorite