起業したら、すぐファイナンスの勉強をしよう。

「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案する、正田圭さんの新刊『サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方』の特別掲載、第26回。資金調達はそれぞれの特徴やメリットデメリットを考えてしなければいけません。ファイナンス周りの勉強をし、経営に必要な知識が必要となります。ではどうやって身に着ければいいのでしょうか。


━お金には2種類の色がある━


 資金調達の方法は、大きく分けると、銀行借入か投資家からの出資を受けるかのどちらかだ。ただ、そこにはバランスが必要である。銀行借入は「デット」と呼ばれ、VCや個人投資家から出資を受けることは「エクイティ」と呼ばれる。

 銀行借入、すなわちデットは、私たちが通常イメージする「借金」と思えばいい。お金を借りたら、利息分を含めて月々の返済額を地道に支払っていかなければならない。返済が滞ると信用問題にかかわる。最悪、そこで事業がストップということにもなりかねない。究極的には自己破産の可能性もある。ただし、コツコツと支払っていけば何の問題もない。借入金のおかげで事業が成功し、大きな利益を出した場合でも、銀行に配当を渡す必要はない。

 対して、VCや個人投資家からの出資は、エクイティという。出資してもらった会社側は、出資金を返済する必要はない。その代わり、出資金に見合う株を渡し、出資側に株主となってもらう。利益が出たら、その分の配当も渡さなければならない。

 デットだと調達コストは安いが、支払いができない状態に陥ったときがこわい。また、リスクの高いことに挑戦する場合は銀行も容易にお金を貸してくれないため、エクイティで調達せざるを得なくなる。エクイティで調達すれば投資家に株を渡さなければならないし、業績に応じて配当も出さなければならない。もちろん、会社を売却したときの利益もシェアすることになる。株主はベンチャー企業に出資するというハイリスクを冒しているのだから、企業側もそれ相応の対価を払うことになる。資金調達のコストは当然、デットよりも高くなる。

 このように、借入にも出資にもメリット、デメリットがある。双方のバランスを取りながら無理のない資金計画を立てつつも、自分の持ち株比率や株価からも決して目を背けてはならない。サクッと売却したくても、自分の持ち株比率が少なければ売りに出せないことだってある。自社の株は、9割以上保有しておいた方が、M&Aはやりやすい。


━高値で資金調達するリスク━

 資金調達するときに、バリュエーションを安くしすぎるのも高くしすぎるのも両方リスクがある。調達金額が高すぎると、それ以下の金額で売却しづらくなる。投資家が損をしてしまうため、売るのを嫌がる。また、時価総額があまりにも高いと当然買い手もつきにくい。逆に、バリュエーションが低すぎるとダイリューション(希薄化)を起こし、議決権が少なくなってしまう。M&Aエグジットを目指して起業したのなら、調達(希薄化)には慎重にならなければならない。

 ベンチャーキャピタルは多くの会社を見ている分、シビアなバリュエーションになりがちだが、エンジェルや事業会社はこなしている事例数が少ないため、だいぶ高いバリュエーションをつけてくれる傾向がある。しかし、自分の会社に10億円もの価値がないのに、交渉でがんばりすぎて10億円調達するといった無理をしてしまうと、次に調達しようと思うタイミングや、売却しようと思った時に思わぬ足かせになってしまうこともある。

 IPOをする際のダウンラウンドは、今後株価が伸びるということから割と受け入れてもらえる傾向にあるが、M&Aでエグジットする際のダウンラウンドは損失が確定してしまうため、なかなか受け入れてもらいづらい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

正田圭

本書は「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案します。「起業はハードルが高い」「会社を売るのはさらに難しい」と思われがちですが、「会社を作って売却するのは、世の中に数ある儲け話の中で、一番確実で、一番地に足の着...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません